え?あの刑事ってそんなに偉かったの!?日本ドラマの刑事たちを階級で比べてみた!

タレメreport2017年6月14日7:30 AM

春ドラマも次々と最終回を迎え、いよいよ夏ドラマが始まります。個人的に印象的だった春ドラマは「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」や「小さな巨人」などですね。警察を舞台に繰り広げられるドラマチックなストーリーにドキドキさせられました。

ところで、昔から刑事が出てくるドラマって多いですよね。「古畑任三郎」「踊る大捜査線」「相棒」、古くは「西部警察」や「太陽にほえろ!」などなど名作と呼ばれるドラマ作品にも、刑事ものはたくさんあります。このドラマに出てくる数々の名刑事たち。作品の中での上下関係は分かりますが、作品を飛び越えた階級の比較っていまいち分かりません。

そこで今回は、刑事ドラマ(一部アニメ)に出てくる刑事たちを、階級で比較してみました。あのキャラクターって意外と偉い人だったんだ?なんて気付きもあるかもしれません。

さて、まずは改めて警察の階級について整理してみます。以下が、警察庁、警視庁、県警、所轄の各階級を横並びにまとめたものになります。

日本ドラマの名刑事たち。結局のところ、もっとも優秀な刑事は誰なのか?

警察の階級

警察庁長官クラス:警察庁の長官。
警視総監クラス:警視庁の総監。
警視監クラス:警察庁の次長、局長、審議官、警視庁の副総監、県警の本部長。
警視長クラス:警察庁の課長、警視庁の部長、県警の本部長、部長。
警視正クラス:警察庁の室長、理事官、警視庁の参事官、課長、県警の部長、所轄の署長。
警視クラス:警察庁の課長補佐、警視庁の管理官、課長、県警の課長、所轄の副署長。
警部クラス:警察庁の係長、警視庁の係長、県警の課長補佐、所轄の巡査部長。
警部補クラス:警察庁の主任、警視庁の主任、県警の係長、所轄の係長。
巡査部長クラス:警察庁の係、警視庁の係、県警の主任、所轄の主任。
巡査クラス:警視庁の係、県警の係、所轄の係。

会社の役職とはまた違った、複雑な階級制度です。少し分かりづらいですが、今回は一番左のクラスに合わせて、各ドラマやアニメのキャラクターたちを整理してみたいと思います。警察庁長官、警視総監クラスは、あまりメインで出てくるドラマ作品がありませんので、上から3番目のクラスに当たる警視監から始めたいと思います。

警視監クラス

室井慎次【柳葉敏郎】(踊る大捜査線)
小野田公顕【岸部一徳】(相棒)
甲斐峯秋【石坂浩二】(相棒)
服部平蔵(名探偵コナン)
笹川健志【本田博太郎】(警視庁捜査一課長)
鍛治大輝【長塚京三】(CRISIS公安機動捜査隊特捜班)
夜神総一郎【松重豊】 (DEATH NOTE)

さすがに、錚々たるメンツが並びます。「踊る大捜査線」の室井慎次は、「上に行く」との宣言通り、ここまで上り詰めたのですね。多くを語らず有言実行。しびれます。

警視長クラス

内村完爾【片桐竜次】(相棒)
沖田仁美【真矢みき】(踊る大捜査線)

お次は警視長。このクラスには「相棒」の内村完爾、「踊る大捜査線」の沖田仁美の二人がいました。「相棒」の内村部長は、中園参事官とのコミカルなやりとりを目にしているせいか、こんなに偉かったのか・・・なんて印象もあったりなかったり。

警視正クラス

真下正義【ユースケ・サンタマリア】(踊る大捜査線)
神田総一朗【北村総一朗】(踊る大捜査線)
大河内春樹【神保悟志】(相棒)
中園照生【小野了】(相棒)
大岩純一【内藤剛志】(警視庁捜査一課長)
小野田義信【香川照之】(小さな巨人)
遠山金志郎【玉木宏】(キャリア~掟破りの警察署長~)
松村優子【木の実ナナ】(あぶない刑事)
津城俊輔【小日向文世】(MOZU)

警視正クラスになると、少しキャラ数も増えてきます。春ドラマでも楽しませてくれた「警視庁捜査一課長」の大岩純一と、「小さな巨人」の小野田義信。同じ捜査一課長でも、ドラマの作りによってだいぶ印象が違います。そして「相棒」の中園参事官・・・こんなに偉かったんですね。

警視クラス

木暮謙三【石原裕次郎】(西部警察)
秋山春海【斉藤暁】(踊る大捜査線)
袴田健吾【小野武彦】(踊る大捜査線)
角田六郎【山西惇】(相棒)
半田順二【柳沢慎吾】(キャリア~掟破りの警察署長~)
三上薫【加藤雅也】(アンフェア)
明智健悟【池内万作】(金田一少年の事件簿)

お次は警視クラス。「踊る大捜査線」で署長と一緒に笑いを届けてくれるコミカルな2人、さらに「キャリア~掟破りの警察署長~」おちゃらけキャラの半田副署長。まさか「西部警察」大門軍団のボス、木暮謙三と同じ階級だったとは・・・。

警部クラス

町田透【仲村トオル】(あぶない刑事)
真山薫【浅野温子】(あぶない刑事)
杉下右京【水谷豊】(相棒)
藤堂俊介【石原裕次郎】(太陽にほえろ!)
銭形幸一【鈴木亮平】(ルパン三世)
目暮十三(名探偵コナン)
白鳥任三郎(名探偵コナン)
香坂真一郎【長谷川博己】(小さな巨人)
藤倉良一【駿河太郎】(小さな巨人)
吉永三成【田中哲司】(CRISIS公安機動捜査隊特捜班)
加納倫太郎【渡瀬恒彦】(警視庁捜査一課9係)
尾形総一郎【堤真一】(SP警視庁警備部警護課第四係)
野々村光太郎【竜雷太】(ケイゾク)
倉木尚武【西島秀俊】(MOZU)
剣持勇【古尾谷雅人】(金田一少年の事件簿)

警部クラスには、「ルパン三世」の銭形警部や「相棒」の右京さん、春ドラマ「小さな巨人」の香坂真一郎など、様々なキャラクター達が並びます。個人的には「あぶない刑事」の透と薫の二人の出世が嬉しいです。

警部補クラス

古畑任三郎【田村正和】(古畑任三郎)
青島俊作【織田裕二】(踊る大捜査線)
神戸尊【及川光博】(相棒)
陣川公平【原田龍二】(相棒)
山村精一【露口茂】(太陽に吠えろ!)
佐藤美和子(名探偵コナン)
平井真琴【斉藤由貴】(警視庁捜査一課長)
山田春彦【岡田将生】(小さな巨人)
小宮山志保【羽田美智子】(警視庁捜査一課9係)
村瀬健吾【津田寛治】(警視庁捜査一課9係)
青柳靖【吹越満】(警視庁捜査一課9係)
南洋三【高嶋政宏】(キャリア~掟破りの警察署長~)
安積剛志【佐々木蔵之介】(ハンチョウ~警視庁安積班~)
尾崎誠【小澤征悦】(ハンチョウ~警視庁安積班~)
矢部謙三【生瀬勝久】(トリック)
雪平夏見【篠原涼子】(アンフェア)
姫川玲子【竹内結子】(ストロベリーナイト)
土門薫【内藤剛志】(科捜研の女)
大杉良太【香川照之】(MOZU)
岸谷美砂【吉高由里子】(ガリレオ)
草薙俊平【北村一輝】(ガリレオ)

古畑任三郎「古畑任三郎」、青島俊作「踊る大捜査線」など、名物刑事の名前も増えてきました。このクラスになると現場でばりばり捜査しますので、ドラマとしても盛り上がりますね。やはり、事件は会議室で起きているわけでなく現場で起きているのですから。

巡査部長クラス

大門圭介【渡哲也】(西部警察)
鷹山敏樹【舘ひろし】(あぶない刑事)
大下勇次【柴田恭兵】(あぶない刑事)
恩田すみれ【深津絵里】(踊る大捜査線)
亀山薫【寺脇康文】(相棒)
甲斐享【成宮寛貴】(相棒)
伊丹憲一【川原和久】(相棒)
芹沢慶二【山中崇史】(相棒)
米沢守【六角精児】(相棒)
冠城亘【反町隆史】(相棒)
安浦吉之【藤田まこと】(はぐれ刑事純情派)
大原大次郎【伊武雅刀】(こちら葛飾区亀有公園前派出所)
高木渉(名探偵コナン)
刑部公平【田中圭】(警視庁捜査一課長)
三島祐里【芳根京子】(小さな巨人)
渡部久志【安田顕】(小さな巨人)
稲見朗【小栗旬】(CRISIS公安機動捜査隊特捜班)
田丸三郎【西島秀俊】(CRISIS公安機動捜査隊特捜班)
樫井勇輔【野間口徹】(CRISIS公安機動捜査隊特捜班)
大山玲【新木優子】(CRISIS公安機動捜査隊特捜班)
矢沢英明【田口浩正】(警視庁捜査一課9係)
浅輪直樹【井ノ原快彦】(警視庁捜査一課9係)
井上薫【岡田准一】(SP警視庁警備部警護課第四係)
笹本絵里【真木よう子】(SP警視庁警備部警護課第四係)
内海俊夫(キャッツ・アイ)
菊田和男【西島秀俊】(ストロベリーナイト)
明星美希【真木よう子】(MOZU)

「あぶない刑事」のタカ・ユージコンビも出てきました。こう並べてみると、人数も多いせいか、だいぶ年齢の幅も広がってきます。もちろん出世がすべてではありませんが、「小さな巨人」の三島祐里と「はぐれ刑事純情派」の安浦さんが同列に並ぶと、なんだか少し切なさを感じます。

巡査長クラス

鳩村英次【舘ひろし】(西部警察)
和久平八郎【いかりや長介】(踊る大捜査線)
両津勘吉【香取慎吾】(こちら葛飾区亀有公園前派出所)

破天荒刑事の代表格、「こち亀」の両さんと「踊る大捜査線」の和久さんが同じ階級だったんですね。そしてもう両津勘吉は永遠に出世する事がないと思うと、こちらもちょっと切ないですね。

巡査クラス

今泉慎太郎【西村雅彦】(古畑任三郎)
向島音吉【小林隆】(古畑任三郎)
柴田純【松田優作】(太陽に吠えろ!)
中川圭一【速水もこみち】(こちら葛飾区亀有公園前派出所)
秋本麗子【香里奈】(こちら葛飾区亀有公園前派出所)
相川実里【瀧本美織】(キャリア~掟破りの警察署長~)
結城沙緒里【比嘉愛未】(ハンチョウ~警視庁安積班~)

最後は巡査クラス。警察組織の末端で日々頑張っているキャラクター達です。「古畑任三郎」の今泉と「こち亀」の中川&麗子が同じクラスに名を連ねています。警察の階級と人生の階級はまた別物ですね・・・。

というわけで、今回はたくさんのドラマ作品の中から、刑事キャラをピックアップし、階級で並べてみました。普段、横並びで眺める事もなかなかないでしょうから、新たな発見や驚きもあったのではないでしょうか?「だから何?」と言われてしまえばそれまでですが、たまにはこんな楽しみ方があっても良いと思います。今年の夏ドラマにもきっと面白い刑事ドラマがいくつもあるでしょう。他作品の階級と比較してみると、また違った印象が見えてくるかもしれません。

記事:猫狸犬虎

 

関連記事

タレメreport一覧へ

 

Page Top