ゆず『斉木楠雄のΨ難』主題歌

NEWS2017年7月14日5:00 AM

山崎賢人主演映画『斉木楠雄のΨ難』の予告編が公開 (C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

 人気デュオ・ゆずの新曲「恋、弾けました。」(発売未定)が、山崎賢人主演で麻生周一氏の漫画を実写化する映画『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)の主題歌に決定した。ゆずが実写映画の主題歌を担当するのは、『銀の匙 Silver Spoon』(2014年)以来、約3年半ぶり。原作からさまざまなヒントを得て同曲を書き下ろし、「映画とともに、ぜひ『恋、弾けました。』も楽しんでください。それにしても、実写のクオリティが高い!」とコメントを寄せた。

【映像】ゆずの新曲が流れる『斉木楠雄のΨ難』予告編

 同作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の麻生氏の同名ギャグ漫画を、『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一氏による監督・脚本で映画化。生まれながらに与えられた、とんでもない超能力を隠して高校生活を送る斉木楠雄を山崎が演じるほか、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗、内田有紀、田辺誠一らが出演する。

 ゆずは「20周年イヤー真っ只中、新曲も連続リリースしている僕たちですが、またしても新曲ができました! 今回の曲は、聴いていて脳内が弾けてアドレナリンが出まくる、アップテンポでサイキックで胸キュンなナンバーです」と楽曲を紹介。

 福田監督は「正直、僕、音楽、詳しくないです! ハッキリ言って、全くナイスなコメントとかできません! ただ! この曲、大好きですっっ!」とあふれる思いを告白。「俺っっ! この曲が映画の中で流れると思っただけでワクワクします! すみません! 小学生みたいな感想で! ただ、大好きなんです! この曲! これですべてを理解していただきたいです!」と、すっかり心をつかまれている。

 福田監督と同じくらい興奮しているのが、原作者の麻生氏。ゆずが主題歌を担当すると聞いて「『大の大人がこんなはしゃぐ?』ってくらい喜びました!! 昔っから大好きですよ! ちょうど一昨日ベストアルバム買ったよ! 中学生の頃ゆずが主題歌やってるからという理由で映画を観に行った事があるんですが、その頃の自分に教えてあげたい!」と大喜び。「ともあれ20年間第一線で活躍するゆずが味方についてくれるなんてこれ程心強いことはありません! 劇場公開が本当に楽しみです!!!!」と期待を込めた。

 主題歌を使用した予告編が解禁され、壁ドンするだけで校舎を崩壊させるほどのとんでもない超能力に恵まれた楠雄(山崎)が、たかが文化祭なのに地球滅亡の危機に見舞われるだけでなく、存在感抜群の普通じゃない仲間たちからの恋と友情の嵐に巻き込まれる、“Ψ難”だらけの様子が描かれる。

関連リンク

【試聴】ゆずの主な配信楽曲
【写真】髪型&アゴがすごい 燃堂力を忠実に再現した新井浩文
【写真】照橋心美を演じる橋本環奈の制服姿
【写真】実写『ジョジョ』山崎賢人のビジュアル初披露 リーゼントを完璧再現
山崎賢人、本屋大賞『羊と鋼の森』映画に主演 ピアノの調律師役に挑む (17年02月03日)

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2094134/full/?anc=115

 
 
 

Page Top