“アニメソング界の大王”ささきいさおの生誕75年を記念した熱唱ライブとカラオケ大会を開催!

さきどりINFO2017年5月8日3:53 PM

1960年に“和製プレスリー”としてデビュー、歌手・声優・俳優として活躍し、「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」といった数々の大ヒット曲を世に送り出してきたささきいさおの生誕75年を記念したスペシャルライブを5月21日(日)に開催。デビューから56年を経て、今なお現役で歌い続けるささきのパワフルなステージをたっぷりとお送りします。

当日はささきいさおのレパートリーに限定したカラオケ大会の本選大会も合わせて行うことになっており、いつもとはひと味違ったイベントとなります。

【イベント概要】

NAGARA Festival presents
ささきいさお生誕75周年スペシャルライブ × カラオケ大会

日時
2017年5月21日(日)開場15:00/開演15:30
カラオケ大会本選 15:30~16:30(予定)
ささきいさおライブ 16:30~18:00(予定)

会場
東京・原宿ASTRO HALL

チケット情報
前売り 指定席 ¥6,000/スタンディング ¥5,000
当日 指定席 ¥6,500/スタンディング ¥5,500

※別途、会場にて1ドリンク ¥500
※未就学児童入場不可、営利目的の譲渡・転売禁止

各プレイガイドで発売中!

・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:635−336)
・ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:71043)
・e+(イープラス) http://eplus.jp/

http://sasakiisao-karaoke.com

■主催■
長良グループ/日本コロムビア

【ささきいさおプロフィール】

1942(昭和17)年5月16日、東京に生まれる。

'60年に日本コロムビアよりロカビリー歌手としてデビュー。“和製プレスリー”のキャッチフレーズで人気を博す。同時期、大島渚監督作品『太陽の墓場』('60年)の主役に抜擢され、1年間、松竹映画の専属俳優として、ヌーヴェルヴァーグ作品などに出演。その後は演劇・ミュージカル・テレビ映画などに出演を続ける。声優として'72年に『科学忍者隊ガッチャマン』にコンドルのジョー役で出演したのが縁となり、'73年の『新造人間キャシャーン』にて“ささきいさお”として初のアニメソングをレコーディング。以降は生涯の代表作といえる『宇宙戦艦ヤマト』シリーズ('74年~)を筆頭に数多くのアニメソングを歌う。主題歌を担当した作品に『ゲッターロボ』('74年)、『破裏拳ポリマー』('74年)、『UFOロボ グレンダイザー』('75年)、『大空魔竜ガイキング』('76年)、『惑星ロボ ダンガードA』('77年)、『新巨人の星』('77年)、『銀河鉄道999』('78年)、『ザ★ウルトラマン』('79年)などのTVアニメ、『秘密戦隊ゴレンジャー』('75年)などの特撮テレビ映画がある。声優としても多くの仕事をこなし、アニメでは上述のジョーのほか、劇場映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』('78年)の斉藤始役など。洋画吹替でもシルヴェスター・スタローン、クリストファー・リーヴ、テレビシリーズ『ナイトライダー』のデヴィッド・ハッセルホフなどの当たり役をもつ。2015年、東京アニメアワードフェスティバル2015にて功労賞を受賞。デビュー55年を越えてもなお、アニメソングの大王として第一線で活躍中。

【お問い合わせ】

日本コロムビア(株) アニメ・ビジネスユニット 担当:谷口博康
TEL:03-6895-9615 e-mail:taniguchi_hiroyasu@columbia.co.jp

 
 

Page Top