「タージマハルの衛兵」あまりにも理不尽で悲劇的な状況に追い込まれていく二人。その先にあるのは……。

公演・公開情報2019年12月4日1:57 PM

新国立劇場で2015年12月に上演された『バグダッド動物園のベンガルタイガー』の作家であるラジヴ・ジョセフが同年6月に初演した『タージマハルの衛兵』を、ことぜんシリーズの第三弾として日本初演いたします。

あらすじ

1648年、ムガル帝国のアグラ。建設中のタージマハルの前。「建設期間中は誰もタージマハルを見てはならない」と、皇帝からのお達しがあった頃。

ついにタージマハルのお披露目の日の前日、夜通しで警備についている、フマーユーンとバーブル。二人は幼い頃からの親友であり、現在は軍に入隊をしている。警備中はタージマハルに背を向け、沈黙のまま直立不動でなくてはならない。だが、空想家のバーブルは黙っていられなくなり、律儀に立ち続けるフマーユーンに話しかけてしまう。

二人の会話はまるで『ゴドーを待ちながら』の二人のように、もしくは『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』の二人のように、とりとめのない言葉の応酬のようでありながら、二人の人間の差を描き出して行く。

やがて二人は、バーブルが不用意に発した一言を発端に、あまりにも理不尽で悲劇的な状況に追い込まれていく。その先にあるのは......。

ラジヴ・ジョセフ

翻訳

小田島創志

演出

小川絵梨子

出演

成河 亀田佳明

日時
2019年12月7日(土)~23日(月)

7日(土)15時開演
8日(日)13時開演
9日(月)休演日
10日(火)14時開演
11日(水)14時開演
12日(木)19時開演
13日(金)19時開演
14日(土)13時開演/17時開演
15日(日)13時開演
16日(月)休演日
17日(火)14時開演
18日(水)14時開演/19時開演
19日(木)19時開演
20日(金)19時開演
21日(土)13時開演/17時開演
22日(日)13時開演
23日(月)13時開演

※12月12日(木)19:00公演は学校団体が入る予定です。

◎12月19日(木)、20日(金)公演は収録のため場内にカメラを設置いたします

会場

新国立劇場
〒151-0071 東京都渋谷区本町1丁目1番1号

TEL : 03-5351-3011(代表)

チケット料金

A席:6,600円
B席:3,300円

詳細は公式HPにて随時公開!
公式HP:https://www.nntt.jac.go.jp/play/guards_at_the_taj/

ご来場をお待ちしております。

Page Top