「神の子」皆、等しく神の子。

公演・公開情報2019年12月12日12:33 PM

世田谷の狭い道をフェラーリが走る。自転車の老人が「うるせぇな」と呟きアスファルトに唾を吐く。
駅前のロータリーで無職の中年男がすれ違った会社員を傘で刺す。
すれ違った際に会社員のカバンがぶつかったと言う。
2千万円の腕時計をチラつかせながら芸能人が田舎の老婆に涙を流す。
政治家がツイッターで独り言を呟き、女子高生は爪を見る。
冷房の効き過ぎる喫茶店でヤクザが少年ジャンプを熟読し、5歳の子供が汗だくで歩道を走る。
「冗談じゃねぇよ」と何度も呟きながら子供が走る。風俗嬢が引退を決意し、高校教師が下着を盗む。
警察官は証拠の下着をブルーシートに丁寧に並べ、冷房の効き過ぎる喫茶店でヤクザがカフェラテを飲む。
小惑星が地球に接近。
皆、等しく神の子。

あらすじ

池田(大森南朋)、五十嵐(田中哲司)、土井(でんでん)。
路上で警備員として働く3人は、行きつけのスナック、趣味のパチンコと常に一緒にいる。
3人そろって独身で貧乏。
目的も展望もない生活にウンザリしつつも、抜け出すほどのヤル気はなく、漠然とした不安の中でただ日々をやり過ごしていた。
ある日、池田に若くきれいな田畑(長澤まさみ)と斎藤(石橋静河)という二人の女が声をかけてくる。
彼女らの誘いを受け、池田は街頭でのゴミ拾いボランティアに参加することに。
呆れるほど単調な日常の中に小さな変化が兆す。
田畑との出会いにほのかな夢を見る池田。
それは、男たちにとって幸か不幸か……。

作・演出

赤堀雅秋

出演

大森南朋 長澤まさみ でんでん 江口のりこ
石橋静河 永岡佑 川畑和雄 飯田あさと
赤堀雅秋 田中哲司

日時
2019/12/15(日)~30(月)

15日(日)19時開演
16日(月)19時開演
17日(火)14時開演/19時開演
18日(水)休演日
19日(木)19時開演
20日(金)19時開演
21日(土)14時開演/19時開演
22日(日)14時開演
23日(月)14時開演/19時開演
24日(火)14時開演
25日(水)休演日
26日(木)14時開演/19時開演
27日(金)19時開演
28日(土)14時開演/19時開演
29日(日)14時開演
30日(月)14時開演

* 未就学児童のご入場はお断りいたします。
* 車椅子でご来場の方はご観劇日の3日前までに主催までご連絡ください。

会場

下北沢 本多劇場

〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-10-15
tel/03-3468-0030 fax/03-3468-0150

チケット料金

前売・当日共
8,500円(全席指定・税込)
U-25チケット
4,000円(税込)(観劇時25歳以下対象・ 枚数限定・ 要身分証明書・ 要身分証明書)

お問い合わせ

プラグマックス&エンタテイメント
03-6276-8443(平日11:00-17:00)

ご来場をお待ちしております。

Page Top