『さよならマエストロ』最終回

#宮沢氷魚#大西利空#佐藤緋美#芦田愛菜#石田ゆり子

エンタメNEWS2024年3月17日9:00 AM

日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』の場面カット(C)TBS

 俳優の西島秀俊が主演を務める、TBS系日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』(毎週日曜 後9:00)の最終回が、17日に放送される。


【別人級?】コンマス妻役はLiLiCo 視聴者も驚き「気づかなかった」

 本作は、金曜ドラマ『凪のお暇』(19年)、『妻、小学生になる。』(22年)などを手掛けた大島里美氏によるオリジナルストーリー。劇伴を『テセウスの船』(20年)、『日本沈没―希望のひと―』(21年)などを手掛けた菅野祐悟氏が担当。東京音楽大学教授であり、日本クラシック界を牽引している世界的指揮者の広上淳一氏がオーケストラを全面監修し、東京音楽大学がオーケストラの演奏部分を全面バックアップ。今作が初共演となる西島秀俊&芦田愛菜が不器用な父と素直になれない娘の親子の愛の物語を紡ぐ。

■最終回のあらすじ
音楽を通して5年ぶりに心を通わせた俊平(西島秀俊)と響(芦田愛菜)。雪解けした2人の様子に、海(大西利空)も大輝(宮沢氷魚)もホッとする。

一方、晴見フィルは仙台のオケフェスに向けて遠征資金集めに奮闘する。そんな中、蓮(佐藤緋美)は古谷(玉山鉄二)と大輝と共にあるところに向かっていた。そこでの予想外の行動に突き動かされた団員たちは、晴見フィルが存続する方法がないのか模索し始める。 その折、俊平は志帆(石田ゆり子)のもとを訪ねていた。響と和解したことを伝える俊平。そこで正直な気持ちを伝える…

その矢先、ドイツのシュナイダー先生が倒れたと連絡が入る。音楽家としてシュナイダー先生からもっと学びたいと思っていた俊平は悩む。しかし、晴見フィルにとって命運をかけた最後の公演を控えていて…

#石田ゆり子#西島秀俊#佐藤緋美#芦田愛菜#玉山鉄二

関連リンク

【気づいた?】元プロ野球選手が”数秒だけ”出演していた!
【写真】「別人」「気づかなかった」玉山鉄二の“今の姿”が話題
【別人級?】コンマス妻役はLiLiCo 視聴者も驚き「気づかなかった」
【ラストシーン直後】実際の演奏だった! 當真あみ&渕上泰史の親子ショット
【写真】芦田愛菜のパジャマ姿の”父娘”ショット公開

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2318325/full/?anc=013

< >

Page Top