『ふしぎ発見!』38年の歴史に幕

#石井亮次#野々村真#黒柳徹子

エンタメNEWS2024年3月30日4:00 AM

『世界ふしぎ発見!』38年の歴史に幕 (左から)石井亮次、草野仁、黒柳徹子、野々村真 (C)TBS

 TBS系長寿番組『世界ふしぎ発見!』(毎週土曜 後7:00※3時間スペシャル)がきょう30日をもってレギュラー放送を終了し、1722回・38年間の歴史に幕を下ろす。1986年4月19日の初回放送から長らく司会を務めた草野仁をはじめ、番組を毎回盛り上げた黒柳徹子、野々村真、昨年4月からMCを務める石井亮次が最終回の収録後、囲み取材に参加した。

【写真】若い!96年ごろの野々村真&草野仁

 歴代のスタッフたちに見守られ大団円を迎えた収録。草野は「38年間と言いますと、とても長いと感じるんですけれども…実際に終わってしまうと、意外に早かったなと。心置きなく本当にやりたいことをしっかりとやり続けてくることができまして、そういう意味では、あまりやり残したという感じはないですね。とても充実した38年間だったなと感じております」と達成感をにじませた。

 一方、黒柳は「でも、とっても寂しいです」とポツリ。「やっぱり38年間ご一緒だった草野さんにしても、皆さんにして、ずっとご一緒でしたから…来週からもうお会いできないんだと思うとすごく寂しいです。でも、また時々お会いできるチャンスもあるようでございますので楽しみにしています。本当に長いこと見ていただいてありがとうございました」と惜別の念をにじませた。

 また、開始当初は22歳だった野々村は今年、60歳に。「サラリーマンの方だったらその定年を迎えるのと一緒のように、この『世界ふしぎ発見!』で社会人として最後までまっとうしたのかなと思うと、すごく感無量です。本当に寂しいですが、ここまでやってこれたことに感謝して、今、心満たされているといった感じですかね」と率直な心境を明かした。

 昨年から合流した石井は「最初からのスタジオにいい気があるなと思って。この気は一体なんなの気なのだろう、“この木なんの木だろう”と思っていたんですけど…」と番組の名物CM「日立の樹」を引き合いに笑いをとりつつ「これはやっぱり隣の大司会者・草野さん、黒柳さんの間に挟まれているいい気なのだと。司会のパワースポット。自分がまさか座るとは思わなかった。皆さんのおかげで楽しく1年間やらせていただいたなと思っております」と感謝を込めていた。

 今年まで38年間にわたって世界各地を訪れ、その模様を届けてきた同番組。4万時間にも及ぶ取材映像の中には、もう二度と見ることができない超貴重映像をはじめ、謎と驚きに満ちた“ふしぎ”な映像が満載。そこでレギュラー放送最終回は、4人から、視聴者への感謝こめて、もう一度見てほしい世界のふしぎ映像を一挙大公開。レギュラー放送終了後は特番などで放送を予定している。

#石井亮次#黒柳徹子#野々村真

関連リンク

【写真あり】“すっぴん”写真を披露した黒柳徹子
『世界ふしぎ発見!』レギュラー終了へ 石井亮次「ここから半年、さらに気合を入れて臨みます!」【コメント全文】
『世界ふしぎ発見!』レギュラー終了へ 草野仁“驚異的な長さの航海”に感謝「かけがえのない財産」【コメント全文】
黒柳徹子「私は、『世界ふしぎ発見!』が大好きでした」 レギュラー放送終了も特番に期待
【写真】まるで映画のワンシーン?“NY在住時代”の黒柳徹子

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2316692/full/?anc=096

< >

Page Top