『カネ恋』3話目、ドラマ満足度1位

#ランキング#オリコン#三浦春馬#松岡茉優#浜辺美波

エンタメNEWS2020年10月16日8:10 AM

『おカネの切れ目が恋のはじまり』2021年3月5日BD・DVD発売(C)TBS

 6日に全4話で最終回を迎えたTBSの火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』。3話目のドラマ満足度は、2話目の77Ptを3Pt上回る80Ptを獲得。満足度調査ランキング(9月29日~10月5日の放送を対象)で1位を獲得した。松岡茉優と三浦春馬の初共演作で、清貧女子と浪費男子という正反対の2人の爽やかなラブストーリーが描かれる。最終回は、視聴率10.9%(関東地区・ビデオリサーチより)を獲得した。

【ランキング表】「三浦春馬さんの底抜け明るいキャラに癒された!」『カネ恋』が首位、「わたどう」は?

 9月15日にスタートした同作は、お金を正しく使うことにこだわるOLと、お金にルーズな御曹司が出会い、心通わせていく恋愛物語が描かれる。松岡茉優が初めてTBS連ドラの主演を務めた。

 3話目の内容について視聴者からは、「キュートでとてもいい。松岡茉優との掛け合いも微笑ましくて楽しいドラマ」、「キラキラの笑顔が本当に素敵だった」、「満面の笑みを見せてくれて感動した。一生懸命な役どころと表現力の高さに引き込まれた」など、三浦春馬さんの演技に対するコメントが多数寄せられた。

 2位には、浜辺美波と横浜流星のW主演作『私たちはどうかしている』最終回(9月30日放送)がランクインした。和菓子の世界を舞台にしたドロドロの人間模様を描く“ラブ・ミステリー”で、ラストの放送は、これまで謎とされていた殺人事件や“本当の父親は誰か”といったさまざまな謎が一気に明らかになった内容だった。衝撃の展開も話題を集め、Twitterではトレンド1位を獲得していた。

 10月スタートの作品も続々と放送開始しており、次週以降からは新作のランクインも多いに予想される。TBS一強だったこれまでの流れを、どの局が変えていくのか。動向を見守りたい。

●「ドラマ満足度ランキング」とは
「オリコン ドラマバリュー」をもとに集計。オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1~20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。

#浜辺美波#オリコン#ランキング#三浦春馬#松岡茉優

関連リンク

松岡茉優、三浦春馬さんへの思い語る 遺作ドラマの演技称える「彼しかいない」
三浦春馬さんMCの『世界はほしいモノにあふれてる』、最後のテーマは「和の台所道具」
三浦春馬さん主演舞台『キンキーブーツ』15分の特別映像公開へ
【写真】佐藤健、三浦翔平、三浦春馬らも対談相手として登場
【写真】制服姿でターン! “スカートひらり”を楽しむ浜辺美波

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2174476/full/?anc=253

< >

Page Top