『ブギウギ』第121回あらすじ

#草なぎ剛#森永悠希#吉柳咲良

エンタメNEWS2024年3月21日8:15 AM

連続テレビ小説『ブギウギ』の場面カット(C)NHK

 俳優・趣里が主演を務める、NHK連続テレビ小説『ブギウギ』(月~土 前8:00 NHK総合 ※土曜日は1週間の振り返り/月~金 前 7:30 NHK BS、BSプレミアム4K)の第121回が、22日に放送される。

【オフショット】“ワイルドなヒョウ柄ドレス”でガォー!茶目っ気たっぷりな趣里

 タイトルにある『ブギウギ』とは、陽気で踊り出したくなるような音楽リズムの一種で、多くの人を明るく元気にしたいという思いを込められている。戦後の大スター・笠置シヅ子さんをモデルとしたヒロイン・鈴子は、香川生まれの大阪育ち。銭湯の看板娘から、“ブギの女王”と呼ばれる戦後の大スター歌手となっていく。大阪の華やかなステージ、生まれ故郷・香川への思い、そして夢を追いかけ東京へ…。さまざまな舞台が作品を彩り、今作は「これまでの朝ドラにはないほどの歌と踊り」が繰り広げられる。

■第121回のあらすじ
昭和31年、大みそか。第7回オールスター男女歌合戦当日。スズ子(趣里)は、楽しみに会場へと向かう。スズ子が楽屋で支度をしていると、股野(森永悠希)と水城アユミ(吉柳咲良)が訪ねてくる…。そして、いよいよ本番。羽鳥善一(草なぎ剛)はテレビの前で、愛子(このか)は客席で見守る。茨田りつ子(菊地凛子)も楽屋に応援に来た。水城アユミは「ラッパと娘」、福来スズ子は「ヘイヘイブギー」。新旧二人の歌合戦が始まる。

#吉柳咲良#森永悠希#草なぎ剛

関連リンク

NHK、朝ドラ『ブギウギ』ロケ中に国の重要文化財破損「深くお詫びいたします」
【オフショット】“ワイルドなヒョウ柄ドレス”でガォー!茶目っ気たっぷりな趣里
【動画あり】「東京ブギウギ」未公開カット含む“特別編集版”を公開!
【写真】スズ子&愛助、ラブラブ旅行ショット「幸せそう」「でも切ない時間」
【幻のオフショット】愛助と愛子が感動の対面…ファンは号泣

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2319254/full/?anc=013

< >

Page Top