『ブラック・ウィドウ』最新映像

エンタメNEWS2020年2月3日5:02 PM

マーベル・スタジオ映画『ブラック・ウィドウ』(5月1日、日米同日公開)(C)Marvel Studios 2020

 マーベル・スタジオ映画『ブラック・ウィドウ』(5月1日、日米同日公開)の最新映像が解禁された。昨年公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』で衝撃の決断を下した人気キャラクター“ブラック・ウィドウ”の過去と秘密が描かれる本作。解禁された映像は、現地時間2日、米マイアミで開催された、アメリカンフットボールリーグ(NFL)の優勝決定戦“スーパーボウル”の中継番組のCMとして放送されたものだ。

【動画】『ブラック・ウィドウ』最新映像

 スーパーボウルは、米国ではテレビの視聴率が軒並み40%超える人気のイベント。試合の注目度もさることながら、過去のハーフタイム・ショーにはマイケル・ジャクソン、レディー・ガガ、ケイティ・ペリーなどの大物アーティストが登場してきた。今年の「第54回NFLスーパーボウル」では、シャキーラとジェニファー・ロペスがパフォーマンスを披露。スポーツのイベントでありながらエンターテイメントとも深いつながりがあり、もはや国民的行事とも言える。

 中継中のCMも大いに注目されることから、経済ニュースサイ「Bloomberg」によると、2019年のCMは30秒で510万ドル~530万ドル、1秒で約17万ドルとも報じられる。この年に一度の機会に、世界的大手企業はこぞって印象的なCMを投入するのだが、注目の超大作映画の映像解禁の場にもなっている。昨年は『アベンジャーズ/エンドゲーム』の映像が披露され大きな話題を呼んだ。

 今年は『ブラック・ウィドウ』だった。美しき最強スパイであり、万能な戦闘スキルとタフな精神を身につけた世界最高のエージェントのブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)。解禁された映像に登場するのは、ブラック・ウィドウが“妹”と呼ぶ、彼女同等の戦闘能力を持つエレーナ(ローレンス・ピュー)、同じくコスチュームを身に纏った母メリーナ(レイチェル・ワイズ)、原作コミックでは“ロシア”のキャプテン・アメリカと呼ばれる、ヒーローらしかぬぽっちゃりボティの父アレクセイ=レッド・ガーディアン(デヴィッド・ハーバー)ら、ナターシャがアベンジャーズ以外に“家族”と呼ぶ彼らと手を繋ぎ、何か決意を固めるシーンが描かれる。

 アベンジャーズを家族と呼び、大切にしていた彼女がかつて大切にしていた“家族”とは? 彼らと共に成し遂げようとすることは何なのか? キャプテン・アメリカと似たシールドを持つ新たな敵“タスクマスター”らと、ブラック・ウィドウの“家族”の戦闘シーンの数々の圧倒的な迫力に、期待が高まる。

関連リンク

『ブラック・ウィドウ』映像初解禁 “家族の再会”シーンも
マーベル・スタジオ最新作『ブラック・ウィドウ』5・1日米同時公開決定
『ワンダーウーマン』最新作は1984年が舞台 映像初解禁
『ハーレイ・クイン』ロンドンプレミア「きっと楽しんでもらえると思うわ!」
映画『ハーレイ・クイン』ヴィランだらけのアクションシーン公開

カテゴリ

映画

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2154573/full/?anc=014

< >

Page Top