『ブルーモーメント』6話あらすじ

#平岩紙#出口夏希#仁村紗和#本田翼

エンタメNEWS2024年5月29日7:00 AM

水10『ブルーモーメント』第6話より(C)フジテレビ

 歌手・俳優の山下智久が主演を務める、フジテレビ系4月期水10ドラマ『ブルーモーメント』(毎週水曜 後10:00)の第6話が、29日に放送される。それを前にあらすじと場面写真が解禁された。

【画像】命がけで救助に立ち向かう…第6話の場面カットが盛りだくさん

 本作は、現在『COMIC BRIDGE』(KADOKAWA)で連載中の小沢かな氏による『BLUE MOMENT』が原作。ドラマは、甚大な気象災害によって脅かされる人命を守るべく、知恵と知識を駆使して現場の最前線で、命がけで救助に立ち向かうSDM本部(特別災害対策本部)メンバーの奮闘物語となる。山下はSDM本部のチーフ/気象研究官を務める主人公・晴原、ヒロインの出口夏希は、気象庁気象研究所の研究助手・雲田彩を演じる。

■第6話あらすじ
 晴原(山下)が5年前の関東南部豪雨の合同慰霊碑を訪れると、SDMメンバー・ひかる(仁村紗和)の姿があった。晴原は、灯(本田翼)の最後の行動の真相を知っているか問いかけるが、何も話さず苦悶の表情で立ち去るのだった。

 SDM本部に上野(平岩紙)の息子・海斗(石塚陸翔)が一人でやってきた。話を聞くと、今までSDMのせいで上野が海斗との約束をことごとく破ってきたが、翌日に開催される全国紙飛行機大会に出場するから絶対に来て欲しいという内容だった。しっかりしている性格にあ然としている彩(出口夏希)達だったが、上野が慌てて海斗を外へ連れ出し、上野不在で打ち合わせが始まった。3日前に静岡で地震が発生し、道路が分断されたエリアでは10名ほどが取り残されている。

 しかし、救援医療物資を運ぼうにも車両やヘリが入れず、携帯電話も繋がりにくくなっていた。そこで早霧(夏帆)のオンライン診療と併せて、防災ドローンを実用することに。ドローン運用には、実用化を進めてきた上野の力が必要不可欠になる中、実施は明日。そう、海斗の全国紙飛行機大会の開催日だった。

 翌日、上野は大学の後輩だった灯のSDMに懸ける想いを胸に業務を優先。運用は順調に進み、大会が終わる前に海斗の元へ向かえるかと思えたが、そこに新たな要救助者が発生する。ドローンのバッテリー残量も少なくなる中、晴原は気象を読み最短ルートで現場に医療物資を届けようと試みるが…。

#仁村紗和#平岩紙#本田翼#出口夏希

関連リンク

【試読】「ブルーモーメント」の電子書籍
ドラマ『ブルーモーメント』キャスト・出演者一覧、相関図【2024年4月期放送】
【写真】制作会見に登場!7年ぶりにフジドラマの主演となった山下智久
【写真】幸せそうな後ろ姿…山下智久に寄り添う本田翼
【写真】浴衣姿を披露した山下智久、新垣結衣ら『コード・ブルー』キャスト陣

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2329129/full/?anc=247

< >

Page Top