『ブルーモーメント』7話あらすじ

#舘ひろし#真矢ミキ#出口夏希

エンタメNEWS2024年6月5日7:00 AM

水10『ブルーモーメント』第7話より(C)フジテレビ

 歌手・俳優の山下智久が主演を務める、フジテレビ系4月期水10ドラマ『ブルーモーメント』(毎週水曜 後10:00)の第7話が、5日に放送される。それを前にあらすじと場面写真が解禁された。

【写真】上野の突然の告白…『ブルーモーメント』第7話の場面カット盛りだくさん

 本作は、現在『COMIC BRIDGE』(KADOKAWA)で連載中の小沢かな氏による『BLUE MOMENT』が原作。ドラマは、甚大な気象災害によって脅かされる人命を守るべく、知恵と知識を駆使して現場の最前線で、命がけで救助に立ち向かうSDM本部(特別災害対策本部)メンバーの奮闘物語となる。山下はSDM本部のチーフ/気象研究官を務める主人公・晴原、ヒロインの出口夏希は、気象庁気象研究所の研究助手・雲田彩を演じる。

■第7話あらすじ
 「私が奪った、あなたのかけがえのない人の命を―」。突然、上野香澄(平岩紙)から告げられた晴原柑九朗(山下)と戸惑う雲田彩(出口夏希)。

 上野は5年前の関東南部豪雨の時、園部灯(本田翼)と一緒にいたこと、そして灯の指示通りに行動した人たちは皆助かっていたことを打ち明ける。無線でその話を聞いていた園部優吾(水上恒司)と汐見早霧(夏帆)は、なぜ灯が危険を冒してでもその場を離れたのか上野に尋ねる。そんな中、指揮車両にアラートが鳴り響いた。

 海上竜巻に巻き込まれた気象観測船と漁船が接触事故を起こした。さらに観測船は多量の水蒸気を観測していた。晴原は「その水蒸気が線状降水帯を生みだし、東海地方で集中豪雨が起きる」と予測する。園部肇一(舘ひろし)が『国際防災会議』で不在の中、現場の指揮のみで動くことになったSDMメンバー。要救助者の気象観測船 船長・保科正樹と晴原は連携を取る。

 船内では幾度となく危険にさらされる中、晴原は混乱している要救助者を勇気づけ遠隔での解析にあたる。そして、集中豪雨の危機も迫る中、園部の代わりに立花藍(真矢ミキ)が指揮を執ることに。それぞれの悩みや、想いがある中、SDMの総力をかけ対応にあたるのだが…。

#出口夏希#真矢ミキ#舘ひろし

関連リンク

【試読】「ブルーモーメント」の電子書籍
ドラマ『ブルーモーメント』キャスト・出演者一覧、相関図【2024年4月期放送】
【写真】制作会見に登場!7年ぶりにフジドラマの主演となった山下智久
【写真】幸せそうな後ろ姿…山下智久に寄り添う本田翼
【写真】浴衣姿を披露した山下智久、新垣結衣ら『コード・ブルー』キャスト陣

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2330086/full/?anc=305

< >

Page Top