『マイファミリー』自己最高を記録

#木村拓哉#オリコン#ファミリー#間宮祥太朗#濱田岳

エンタメNEWS2022年6月10日4:00 PM

『マイファミリー』(C)TBS

 クライマックスに向けた物語の展開が熱くなっている4月期ドラマ。最新のドラマ満足度調査(5月24日~5月30日放送を対象)では、二宮和也主演の日曜劇場『マイファミリー』(TBS系)が今期ドラマ最高となる98Pt(100Pt満点)を記録し、4週連続となる5度目の1位を獲得した。2位の間宮祥太朗主演『ナンバMG5』(フジテレビ系)と8Pt差をつけており、最終回に向けて独走体制に入っている。

【ランキング表】あの“ヤンキーもの”が脅威の追い上げ、山P主演作は? 最新満足度の順位

 犯人考察の話題が続く『マイファミリー』が、再び今期最高および自己最高ポイントを更新した。これまでの推移を振り返ると、初回68Ptでスタート後、2話目で78Ptまで急上昇。第1章のラストとなる3話目の76Ptに続き、前章と複雑に絡み合う第2章のスタートとなる4話目と5話目で82Ptから92Ptへと大きく満足度を伸ばした。

 さらに予測不可能なストーリー展開が続いた5話目以降で90Pt台を推移。6話目91Pt、7話目92Pt、そして今回調査した8話目で98Ptと、着実に視聴者の評価は高まっている。項目別満足度では、「主演」「主演以外のキャスト」「ドラマ内容」でそれぞれ、20Pt満点中19Pt、20Pt、19Pt。「話題性」では全話で満点を記録している。

 視聴者からは、「親友が犯人だと分かったときの怒りや嘆きがすごく理解できた。リアルに共感できる」(20代女性)、「東堂(濱田岳)の自白シーンで、友だち4人の表情や息遣いなどがリアルで引き込まれた」(10代女性)、「もし自分がその立場に立ったら…と考えると何とも言えなくなる。そう思えるくらいに感情移入してしまった。早く真犯人が知りたい」(40代女性)など、登場人物への共感の声が多数寄せられた。

 また、スリリングな物語展開と演出についても「ヒントを拾いたくなる映像作りがされていて、推理するのが楽しい」(30代女性)、「展開がどうなるかわからず、次回が待ちきれないドラマは久しぶり」(20代男性)、「二転三転あって推理しにくく、次々に新たな展開に入っていくのが面白い」(50代男性)など、細かなシーンまで楽しむ声が多数。Twitterでは「最終回はリアタイで観る」と熱量の高まりもうかがえる。

 真実が明かされる最終回の10話は12日に放送。この勢いに乗って、100Pt満点の獲得が期待できそうだ。

●「ドラマ満足度ランキング」とは
「オリコン ドラマバリュー」をもとに集計。オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1~20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。

#濱田岳#ファミリー#木村拓哉#オリコン#間宮祥太朗

関連リンク

【写真】『マイファミリー』新たに誘拐された…“第4の被害者”阿久津実咲「ついに“真相解明”…」
『マイファミリー』まさかの黒幕候補? 東堂(濱田岳)への疑惑に「何か裏がありそう」「潔白だと信じたい」
『未来への10カウント』最終回が“最高記録”の木村拓哉、オススメの納豆レシピと“こだわり”のかき混ぜ方
【写真・動画あり】娘からのキスにメロメロな'パパ・木村拓哉'など親子ショット
【画像】木村拓哉&山口智子 22年ぶりの共演で見つめ合う…

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2238070/full/?anc=253

< >

Page Top