『マルス』最終話あらすじ

#戸塚純貴#大峰ユリホ#江口洋介#板垣李光人

エンタメNEWS2024年3月19日6:00 AM

テレビ朝日系連続ドラマ『マルス-ゼロの革命-』最終話より(C)テレビ朝日

 7人組グループ・なにわ男子の道枝駿佑が主演するテレビ朝日系連続ドラマ『マルス-ゼロの革命-』(毎週火曜 後9:00)の最終回が19日に放送される。それに先立って、同話のあらすじと場面写真が公開された。

【場面写真】ついに最終決戦!江口洋介に挑む道枝駿佑の後ろ姿

 今作は道枝演じる謎多きカリスマ転校生・零=ゼロに導かれ、「マルス」という動画集団を結成した落ちこぼれ高校生たちが令和の日本をぶっ壊し、大人社会に反旗を翻していく姿を、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』で知られる脚本家の武藤将吾氏が3年ぶりに完全オリジナルで描く爽快な新感覚青春ドラマ。

 國見亜門(江口洋介)の側近・大城大木(戸塚純貴)の正体は、かつてゼロとともに「マルス」として活動していたウドだった。志半ばにして仲間のエリ(大峰ユリホ)を失っていたゼロとウドは、必ずエリの想いを遂げることを誓い、ゼロは桜明学園へ、ウドは姿かたちを変えクロッキー社に潜入する。密かに通じ合い、その時を待っていた。

 機は熟し、國見がサイバーテロを企てていた証拠となるデータをウドから受け取るため待ち合わせ場所に向かったゼロ。しかし、そこには先回りした國見の姿があった。実は、國見は初めからウドの正体に気づいており、今回の事態を最大にして最後のチャンスとして活かすため、ウドを泳がせていた。國見の罠にはまり、囚われの身となってしまったウドの運命は。

 一方、間一髪で國見の追っ手から逃れ、再び「マルス」メンバーのもとに合流したゼロ。ウドからデータを受け取る計画は失敗に終わったものの、ウドが口にした「マルスの魂が眠る場所」という言葉が気にかかり、データは別の場所に隠されているのではないかと考える。

 ウドが命がけで託したメッセージの「マルスの魂が眠る場所」へ向かったゼロは、追ってきた國見と最後の対決をする。その頃、警察と報道陣に囲まれた桜明学園では、“テロの実行犯”としてまさに逮捕されようとしている中、逢沢渾一(板垣李光人)がマイクを通し、魂のメッセージを伝える。

 また、最終回当日の19日午後8時40分ごろからは、道枝、板垣、吉川愛による最終回直前インスタライブも開催される。

#板垣李光人#大峰ユリホ#戸塚純貴#江口洋介

関連リンク

【写真】ガッツリハグ!充実感あふれる道枝駿佑&板垣李光人
【写真】SUPER BEAVERと笑顔でピースする道枝駿佑&板垣李光人
【場面写真】“人間国宝”道枝駿佑の立ち姿
【場面写真】まるでデビュー時の衣装?No.1ホストを演じる上田竜也
【写真】意外な不得意?片眉をあげるのが苦手な道枝駿佑

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2319004/full/?anc=270

< >

Page Top