『光る君へ』第14回あらすじ

#段田安則#吉高由里子#玉置玲央

エンタメNEWS2024年3月31日8:45 PM

大河ドラマ『光る君へ』の場面カット(C)NHK

 俳優の吉高由里子が主演を務める、大河ドラマ『光る君へ』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第14回「星落ちてなお」が、4月7日に放送される。


【濃厚ラブシーン】吉高由里子に柄本佑が覆いかぶさって…

 主人公・紫式部/まひろは、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書きあげた女性。「光源氏」の恋愛ストーリーの原動力は秘めた情熱と想像力、そしてひとりの男性への想い。その男性の名は藤原道長。変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の愛の物語だ。脚本は大石静氏が務める。

■第14回のあらすじ
仕え先を探すまひろ(吉高由里子)は、土御門殿からの帰りに道長(柄本佑)と鉢合わせてしまう。久しぶりの再会だったが…。ある日、兼家(段田安則)は道長らを呼び、道隆(井浦新)を後継者にすると告げる。道兼(玉置玲央)は納得がいかず、激高する。やがて兼家が逝去。跡を継いだ道隆が摂政になり、独裁を始める。一方まひろ(吉高由里子)は、たね(竹澤咲子)に読み書きを教えていたが、厳しい現実が待ち受けていた。

#玉置玲央#吉高由里子#段田安則

関連リンク

【写真】NHK大丈夫?本郷奏多×井上咲楽の”緊縛プレイ”シーン
【濃厚ラブシーン】吉高由里子に柄本佑が覆いかぶさって…
【衝撃ビジュアル】本郷奏多がツルツルに…出家した花山天皇
【悲しい】直秀の亡骸に手を合わせる道長、まひろの表情は…
【写真43枚】吉高由里子、柄本佑、佐々木蔵之介、ロバート秋山らの”扮装”を一挙紹介

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2320748/full/?anc=013

< >

Page Top