『厨房のありす』最終話あらすじ

#北大路欣也#門脇麦#国仲涼子#萩原聖人#竹財輝之助

エンタメNEWS2024年3月24日6:00 AM

『厨房のありす』最終話より(C)日本テレビ

 俳優の門脇麦が主演を務め、King & Princeの永瀬廉が共演する、日本テレビ系日曜ドラマ『厨房のありす』(毎週日曜 後10:30)の最終話が、きょう24日に放送される。それに先立って、あらすじと場面写真が公開された。

【場面写真】険しい表情で…真実に立ち向かう倖生(永瀬廉)

 今作は、玉田真也氏が脚本を務めるオリジナル作品。自閉スペクトラム症(ASD)の天才料理人・八重森ありす(門脇)が、人とのコミュニケーションが苦手など、さまざまな生きづらさを抱えながらも、驚異的な記憶力と大好きな化学の理論をもとに、おいしくてやさしい料理を作る。生きづらさを抱えた登場人物たちと、明るく互いを支え合い、温かい言葉とご飯で絆を結ぶ物語。

 過去と向き合うことを決めたありすは、酒江倖生(永瀬)と一緒に五條製薬の創立記念パーティー会場向かう。五條誠士(萩原聖人)に「誠士さんは、私の本当のお父さんなんですか」と問い、真実を聞き出そうとする。

 ありすの実の父親が誠士だとしたら、母・五條未知子(国仲涼子)が1人でありすを産んで育てていたのはなぜなのか。25年前、研究所に火をつけて未知子の命を奪い、倖生の父・晃生(竹財輝之助)に横領の罪を着せたのは、一体誰なのか。誠士は、ありすと倖生に真犯人の名を明かす。

 一方、八重森心護(大森南朋)も大きな決心をしてパーティー会場に現れた。五條蒔子(木村多江)と五條道隆(北大路欣也)がいる控室のドアをたたいた心護は、驚く2人の前で、真実を打ち明けようとする。

 「あの25年前の火事、あれは事故じゃないんです。実は…」と語られる言葉に蒔子は動揺。すべてを知ったありすと倖生が選ぶ道とは。

#竹財輝之助#門脇麦#北大路欣也#木村多江#国仲涼子

関連リンク

【場面写真】どういう状況?倖生(永瀬廉)を押し倒すありす(門脇麦)
【個別写真】料理人・ありすを演じる門脇麦
【写真】『国宝級イケメンランキング』連覇で表紙を飾った永瀬廉
【写真】『おかえりモネ』浅野忠信&永瀬廉&坂井真紀の家族ショット
【写真】スーツにドキッ!“年上女性のハートを揺さぶる新入社員”永瀬廉

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2319529/full/?anc=270

< >

Page Top