『和田家の男たち』第3話

#高橋光臣#段田安則#小池栄子#佐々木蔵之介

エンタメNEWS2021年11月5日8:00 AM

金曜ナイトドラマ『和田家の男たち』第3話より(C)テレビ朝日

 人気グループ・嵐の相葉雅紀が主演するテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『和田家の男たち』(毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)の第3話が6日に放送される。相葉演じる優の母・りえ(小池栄子)の死にまつわる事実が明らかとなる。

【写真】和田家の男たちの“宿敵”を演じる高橋光臣

 “将来の総理大臣候補”と言われる若き政治家・清宮恭介が国土開発大臣として入閣し、世間を騒がせる中、その名前に眉をひそめる秀平(佐々木蔵之介)。実は、清宮とその父親は、りえの事故死に深く関わっており、秀平は密かにそのことを調べ続けていた。そんなことを知る由もない優だが、ある日秀平と寛(段田安則)が、清宮について話しているのを耳に。思い切って「初入閣する清宮さんってどういう人なの?」と寛に尋ねてみるものの、はぐらかされてしまう。

 そんな中、優は務めるネットニュース「バズとぴ」の取材で千葉県のカッパ祭りへ。なぜか祭りに参加するハメになってしまったその帰り、偶然にも事故現場の視察に来ていた清宮と遭遇し、接点を持ってしまう。まさか優が宿敵・清宮と会うとは思ってもいなかった秀平は、ついに優にりえの事故の真相を明かし…。

 そんな宿敵である政治家・清宮恭介を演じるのは、高橋光臣。『科捜研の女』やNHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』などで存在感を発揮し、近年は多くのドラマ、舞台などで活躍する高橋が、「和田家」に大きく関わることになる因縁の政治家として登場する。今後の物語でも、清宮がどんな動きをしていくのか、そして優をはじめとする「和田家」の男たちにどのように関わってくるのか、その言動からは目が離せなくなりそうだ。

■高橋光臣コメント
 面白い作品が多い金曜ナイトドラマの枠で、大石静さんの脚本ですから面白くないわけがないと思ったのが最初の印象です。物語の中で私の清宮恭介という役がどう生きるのか楽しみでした。次期内閣総理大臣候補の国会議員と言う役どころなので、それに見合う雰囲気、たたずまいに注意を払っていこうと作品に入ったのですが、監督から「実は裏ではこんなキャラクターで行きたい」と言われたときは、度肝を抜かれました。その一言でこのドラマの未来が、予想できないものになるとハラハラし、面白くなりそうだと直感的に感じました。

 相葉雅紀さんはドラマでもバラエティーでもそうですが、とても優しい温かい人柄がすてきな方だなと思っていました。共演は今回が初めてなのですが、実際にお会いしてますます大好きになりました。そして座長としてのその空気感が現場にもあって、優しさの中にとてもいい緊張感のある現場だと感じています。

 笑いがありそして温かさと切なさが同時に流れるこの物語の中に、急激に押し寄せる暗い過去と憎悪。私もまだこの先どうなるか全く予測できません。皆様と一緒に物語を楽しみたいと思っております。ぜひご覧ください!

#小池栄子#佐々木蔵之介#段田安則#高橋光臣

関連リンク

【写真】相葉雅紀の亡き母を演じる小池栄子
【写真あり】優くんの台所より「ミルクすき焼きマキアート」のレシピ
【画像】撮影も何もかも順調そのものといった『和田家の男たち』
【写真】『和田家の男たち』の男たち
【写真】二宮和也の結婚時は…報道各社に贈られた「ニノ」刻印入りどら焼き

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2212709/full/?anc=181

< >

Page Top