『大ピンチずかん』100万部を突破

#サバンナ

エンタメNEWS2024年7月10日12:00 AM

鈴木のりたけ『大ピンチずかん』(小学館)

 小学館は9日、鈴木のりたけ氏による2022年発売の絵本『大ピンチずかん』が、発行部数100万部を突破したことを発表した。23年発売『大ピンチずかん2』を含むシリーズ累計は167万部となる。

【写真】『大ピンチずかん』CMに出演した鈴木のりたけ氏&サバンナ高橋

 鈴木氏が独自の観察眼で「大ピンチ」をユーモアたっぷりに描く同作は、絵本賞など10冠を達成。続編の『大ピンチずかん2』は「2024年上半期ベストセラー・児童書1位」(トーハン・日販調べ)に選出された。

 鈴木氏は「100万部達成うれしいです。うちの次男が目の前で牛乳を派手にこぼしたあの失敗が、まさかわたしをこんな場所に導こうとは。まだ発売から2年半足らず。すごいスピードです。売り場で楽しく展開してくれた書店員さん、気に入って話題にして友達におすすめしてくれた読者さん、みなさんのエネルギーあってこそだと思います。ありがとうございます。うちの次男は最近ひとりで料理をするまでに成長しました。こっそり観察する私は、なにか事件を期待してしまいます。楽しい毎日をありがとう」とコメントしている。

 今回の100万部突破を記念し新CMが制作され、鈴木氏とお笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄が歌唱を披露。高橋が「100万部!」と高らかに歌い、その声にあわせて鈴木氏が「すごーい!」と合いの手を入れる、くすっと笑える楽しい内容となっている。

#サバンナ

関連リンク

【画像】「マイルドな“笑ゥせぇるすまん”」、不気味さにハマる大人続出の児童書『銭天堂』とは
【動画】『呪術廻戦』のアノ曲担当した映像作家が作る! 驚きの児童書MVとは⁉
【漫画】「つわりは病気じゃないだろ」苦しむ妻に夫の無神経発言、「あぁ…ダメだこいつは」反撃する妻
【漫画】少女漫画×育児あるある…生協、幼稚園、家事の愚痴も!JKが言うはずないワードが満載
【漫画】通勤電車でも気が休まらない…子を持つ前と時短復帰後、どう違う? 時短ママの生活

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2335472/full/?anc=294

< >

Page Top