『大奥』最終話あらすじ

#栗山千明#橋本じゅん#小芝風花

エンタメNEWS2024年3月28日7:00 AM

木曜劇場『大奥』から小芝風花 (C)フジテレビ

 俳優の小芝風花が主演を務めるフジテレビ系木曜劇場『大奥』(毎週木曜 後10:00)において、28日放送の最終回・第11話あらすじと場面写真が公開された。


【写真】倫子(小芝風花)を抱き寄せる松平定信(宮舘涼太)

 同局連ドラとして2005年に放送された『大奥~華の乱~』以来、約20年ぶりに復活。“愛”をテーマにした『大奥』史上、最も切なくて美しいラブストーリー。時は江戸中期、景気は悪化の一途をたどり、日本国民は質素、倹約、勤労の日々を強いられていた。格差は広がるばかりで、人々はこの景気を改善し、国と国民を豊かにしてくれる将軍の登場を待ちわびる。そんな中、主人公・五十宮倫子(小芝)は、第10代将軍・徳川家治(亀梨和也)との政略結婚を強いられ、京から江戸城本丸にある大奥へ渡ると、そこには1000人近くにもおよぶ将軍に仕える女性たちがいた…。

■最終話あらすじ

五十宮倫子は、松島の局(栗山千明)から徳川家治が倒れたことを聞かされる。高熱にうなされる家治の容体を、御匙が必死に診ていた。

松平武元(橋本じゅん)から家治の子細を聞いた松平定信(宮舘涼太)は、ようやく自分たちの出番がきたと笑う。そして、定信は新たな手立てを思いついたと言い…。

そんな折、浅間山が噴火し、江戸にも火山灰が舞い降りた。さながら黒い雪のような火山灰に、お知保(森川葵)らは思わず驚く。暗雲垂れ込める幕府、そして倫子も不吉な予兆を感じずにはいられない。この事態を何とかせねばと考えた家治は、自ら蟄居閉門を命じた田沼意次(安田顕)を呼び寄せ――。

#橋本じゅん#小芝風花#栗山千明

関連リンク

【写真多数】着物姿が美しい…絵馬に新年の抱負をつづったキャスト陣
【場面カット】亀梨和也のライバル役を演じる宮舘涼太
【扮装写真】豪華絢爛!五十宮倫子を演じる小芝風花ら出演者一覧
【写真】大胆背中見せ!菜々緒をエスコートする亀梨和也
【動画】“サイコパス”亀梨和也、狂気が加速する『怪物の木こり』本予告

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2320151/full/?anc=096

< >

Page Top