『大家さんと僕』2週連続で首位

NEWS2018年9月14日4:00 AM

カラテカ・矢部太郎のコミックエッセイ『大家さんと僕』(新潮社/2017年10月31日発売)

 カラテカ・矢部太郎が大家のおばあさんとの心温まるエピソードを描いたコミックエッセイ『大家さんと僕』(新潮社/17年10月31日発売)が、週間2.7万部を売り上げ、最新9/17付オリコン週間BOOKランキング(集計期間:9月3日~9日)首位を獲得。初の1位を記録した前週9/10付に続き、2週連続で首位の座をキープした。なお、ジャンル別「コミックエッセイ」では20週連続、通算29週目の1位となった。 

【画像】エピソードにほっこり…手をつなぐ矢部と大家さん

 本作は、矢部と大家のおばあさん(88歳)との心温まるエピソード描いたコミックエッセイ。実話に基づいたエピソードは「ほっこりする」と口コミで話題に。また、今年4月には同作が手塚治虫文化賞「短編賞」を受賞したこともあり、息の長いセールスとなっている。

 8月23日には、矢部がTwitterで大家さんの訃報を発表。以来、大家さんに対する矢部の真摯な想いや、大家さんの家族への感謝に満ちた言葉が反響を呼び、また、連載休載などのニュースもあって、引き続き世間の注目を集めている。

 そのほか、今週の同ランキングでは、9月29日より公開される人気コミック『夏目友人帳』の劇場アニメ版ノベライズ『小説・夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』(白泉社)が2位に初登場。同シリーズノベライズとしては最高位となった。

 また9月8日に放送されたバラエティ番組『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)の特集「今話題のベストセラーから学ぶ」で紹介された、『頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法』(朝日新聞出版)が前週38位から3位に、『おもしろい!進化のふしぎ 続々ざんねんないきもの事典』(高橋書店)が前週13位から9位に上昇しTOP10入りした。

関連リンク

カラテカ矢部太郎、大家との生活を漫画化したワケ 芸人としての葛藤と決意
矢部太郎『手塚治虫文化賞』も“先生”呼びに恐縮 作中モデルの先輩芸人は手荒い祝福
『手塚治虫文化賞』矢部太郎、今後も大家さんと同居誓う “8コマ”提案の担当編集にも感謝
カラテカ矢部、朝5時起きでパンチパーマ “カミカミMC”に須賀健太ら苦笑
バカリズム、向田邦子賞に感慨 異色のドラマ作りが奏功「これからも面白いものを」

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2119499/full/?anc=011

 
 
 

Page Top