『新宿野戦病院』第2話あらすじ

#仲野太賀#小池栄子#馬場徹

エンタメNEWS2024年7月10日7:00 AM

フジテレビ水10ドラマ『新宿野戦病院』より (C)フジテレビ

 俳優の小池栄子と仲野太賀がW主演を務める、フジテレビ系水10ドラマ『新宿野戦病院』(毎週水曜 後10:00)の第2話が、きょう10日に放送される。それを前に、あらすじと場面写真が公開された。

【写真あり】歌舞伎町でシャンパンタワーを楽しむヨウコ(小池)…『新宿野戦病院』第2話場面カットが盛りだくさん

 物語は新宿・歌舞伎町にたたずむ病院を舞台に、ホストやキャバ嬢、ホームレス、トー横キッズ、外国人難民などさまざまなバックボーンを持つ“ワケあり”な登場人物たちが交錯する社会の構図がテーマ。官九郎節ともいえる、ときにユーモアを織り交ぜながら、さまざまな悩みや問題を抱えながらも人生を強く生きる人たち・仲間・家族を通して、「命」の尊さを投げかける新たな救急医療エンターテインメントを届ける。

■第2話あらすじ
 ここは新宿歌舞伎町。聖まごころ病院の医師として働くことになったヨウコ・ニシ・フリーマン(小池)。病院として求めていた“外科医”が入ってくれて順風満帆に見えたが、美容皮膚科医・高峰享(仲野)は悶々と悩みを抱えていた。

 「私にとって、社会は平等じゃないから、虚しくないんです」NPO法人『Not Alone』の新宿エリア代表・南舞(橋本愛)に言われた言葉がずっと引っかかっていたのだ。南が“平等じゃない”ことを良い言葉として捉えていることに納得がいかず、自問自答の末、答えを見つけるために『Not Alone』の活動に参加することに。

 一方その頃、聖まごころ病院では鎮痛剤を大量に摂取したトー横キッズで赤い髪の少女・マユ(伊東蒼)や、鼻の奥にワイヤレスイヤホンが詰まってしまった10歳の男の子が搬送されてくる。イヤホンは無事取り出すことに成功し、マユも翌日、母親のカヨと共に帰っていったのだったが、彼女はある悩みを抱えていた。さらに『歌舞伎町顔面偏差値テストの結果発表!』で聖まごころ病院の性感染症内科医・田島琢己(馬場徹)が選出され、それがきっかけで1人の女性を巡りトラブルに発展することになる。

#馬場徹#仲野太賀#小池栄子

関連リンク

【写真あり】戦場で軍医として奮闘するヨウコ(小池栄子)…『新宿野戦病院』第1話場面カットが盛りだくさん
【写真あり】迫真の演技…泥だらけになりながら熱演する仲野太賀
【場面写真】小池栄子が涙!”ダメ男3人”が誕生日を祝福
【画像】7年ぶりの映像作品の監督を務めた宮藤官九郎の現場写真

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2335466/full/?anc=305

< >

Page Top