『消し好き』第2話あらすじ公開

#消しゴム#片思い#あらすじ#福地桃子

エンタメNEWS2022年8月1日8:00 AM

シンドラ『消しゴムをくれた女子を好きになった。』第2話(C)NTV・J Storm

 人気グループ・なにわ男子の大橋和也が主演する、日本テレビ深夜ドラマ枠シンドラ『消しゴムをくれた女子を好きになった。』(毎週月曜 深0:59※関東ローカル)第2話が8月1日放送される。このほど第2話のあらすじと場面写真が公開された。

【写真】大橋和也の”13年越しの片思い相手”を演じる福地桃子

 大橋が連ドラ初主演を飾る同作は実話を基にした“長すぎる片思い”を描いた、まっすぐな青春ラブストーリー。大橋は、消しゴムをきっかけに、13年間、たったひとりの人を想い続ける主人公・福田悠を演じ、福田の片思い相手である伊藤さとみを福地桃子、福田の親友・板倉を藤原丈一郎、森を小島健(Aぇ! group)が演じている。

■第2話あらすじ

消しゴムをくれた女子・伊藤さとみに恋をして1年。
中学最後の文化祭の出し物を決める為、福田の家に集まる事になったクラスメイト。だが板倉の策略により福田とさとみは2人きりに。この状況にドキドキが止まらない福田は妄想が爆発。あの日くれた消しゴムの片割れを、さとみも自分と同じ気持ちで大切に持っているのではないか?期待を込めて聞いてみるが、さとみは消しゴムの存在にすらピンと来ておらず、挙げ句の果てには「弟にあげてしまった」事が判明。現実の厳しさに激しく落ち込む。

文化祭では、アカペラで「CHE.R.RY」を披露する事に決まり、福田、さとみ、板倉、森らは金賞を目指し、休み時間や放課後を使って練習に明け暮れる。徐々にさとみと距離を縮めながらも、厨二病が発動し興味のないフリをし続ける福田に、文化祭で金賞を取れたら告白するよう背中を押す板倉。親友の言葉に意を決した福田は、書いては消し、消しては書き、を繰り返しながらも、さとみへの想いを込めたラブレターを完成させる。

そして文化祭当日、決意と共にステージに上がる。しかし、そんな福田を衝撃的な出来事が待ち受けていた。

#消しゴム#片思い#福地桃子#あらすじ

関連リンク

【動画】大橋&藤原&小島ら仲良し3人からわちゃわちゃコメント到着
【動画】主演・大橋和也からSPメッセージ到着
【ライブ写真】デビュー発表後…涙を流しながら熱唱するなにわ男子
【写真】待望…色気たっぷりで『anan』初表紙を飾ったなにわ男子
【写真】キュートな“ちゅきちゅきポーズ”で『Eye-Ai』表紙を飾ったなにわ男子

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2244186/full/?anc=096

< >

Page Top