『特捜9』最終回は衝撃ラストへ

#山田裕貴#柏原収史#中村梅雀

エンタメNEWS2024年6月5日6:00 AM

『特捜9 season7』最終話より(C)テレビ朝日

 井ノ原快彦が主演するテレビ朝日系ドラマ『特捜9 season7』(毎週水曜 後9:00)の最終回が、5日に放送される。

【最終回場面カット】驚がくの表情を浮かべる新藤亮(山田裕貴)


 最終回では、直樹ら特捜班は第9話から続くディープフェイク動画事件を追いかける。真犯人が新たに作成したと思しき、犯行予告動画を調べていた特捜班。しかし、「150歳の老人の誕生祝いに、男は祝砲の弾を込め、女は皿に鳥の頭を盛って、新しい指揮者が古い指揮者を殺す」という不気味なメッセージの謎が解けないばかりか、動画の最後に出現した真犯人らしき男についても手がかりはない。犯行予告の日まであと3日しかないにもかかわらず、捜査は行き詰まりを見せていた。

 そんなとき、犯行予告日に警視庁創立150周年記念式典が開催されることが判明。すぐさま式典の予定会場に向かった特捜班は、犯行予告動画に映っていた男・出口一郎(柏原収史)を発見するも、その背後で突然、爆発が起こる。さらに、ネット上にまた新たな犯行予告動画が出現。次々と他人の“顔”を悪用してディープフェイク動画を作り、特捜班を翻弄する真犯人は、いったい何者なのか。

 奇しくも150周年記念式典は、警視庁音楽隊に異動した特捜班前班長・国木田誠二(中村梅雀)の初舞台。第3話で特捜班の班長を辞した国木田が今夜、再び登場を果たす。

 さらに、第9話で面と向かって直樹に「主任を目指している」とキッパリ言い切った新藤亮(山田裕貴)にも、まさかの辞令が。前回、直樹は人事第二課によびだされ、新藤について何やら“打診”を受けていたが、その内容とは。しかも最終回では、新藤はバディを組む直樹と別行動を取りはじめる。

 その後、直樹の“顔”まで盗まれ、フェイク動画に利用される衝撃事態が発生。しかも、大勢の観客が詰めかけた式典で大パニックが起きてしまう。衆人環視の中、犯人の顔も目的もつかめない、すべてが謎に包まれた犯罪に特捜班はどう立ち向かうのか。そして最後、直樹は“ある決断”を下す。『season7』最終回は、シリーズ最大の衝撃のラストが待ち受ける。

#山田裕貴#中村梅雀#柏原収史

関連リンク

井ノ原快彦、『特捜9』メンバーから誕生日の祝福に笑顔 そっくりケーキには驚きも「本当にリアルですごい!」
【写真】和気あいあい!結婚発表の山田裕貴を愛あるいじりで祝福した井ノ原快彦
【動画】山田裕貴、西野七瀬と結婚後初公の場に登場「一生懸命に生きることを大事にしたい」
【写真】井ノ原快彦笑顔でクランクイン!『特捜9』新シーズンで主演続投「身の引き締まる思い」
【前シーズン最終話】”浅輪”井ノ原快彦、”三ツ矢”向井康二らが 「season6」最後の事件に挑む

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2330174/full/?anc=284

< >

Page Top