『花咲舞が黙ってない』第8話

#今田美桜#盛隆二#平原テツ#山本耕史#小野寺ずる

エンタメNEWS2024年6月1日6:00 AM

『花咲舞が黙ってない』第8話より(C)日本テレビ

 俳優の今田美桜が主演を務める、日本テレビ系“土ドラ9”『花咲舞が黙ってない』(毎週土曜 後9:00)の第8話が、きょう6月1日に放送される。それに先立って、同話のあらすじと場面写真が公開された。

【場面写真】死者から届いた彼岸花

 前作のドラマ『花咲舞が黙ってない』は、銀行を舞台にした池井戸潤氏の小説『不祥事』を原作に2014、15年に、杏が主演を務めた。前回のドラマ放送後、ドラマと同名の新作小説『花咲舞が黙ってない』(池井戸氏著)が出版された。銀行の大合併が描かれ、新たな敵役も登場する。2024年版ドラマは、この新たな物語を、東京第一銀行に勤める主人公・花咲舞役に今田、バディ・相馬健役に山本耕史、2人の壁となる昇仙峡玲子役に菊地凛子という、新たなキャストで届ける。

 舞と相馬の次なる臨店先は、業績表彰1位を取り続ける名門店舗・京橋支店。2人は、表彰に来た紀本平八(要潤)と昇仙峡と出くわす。そんな中、彼岸花の鉢植えが届く。「紀本支店長、また会う日を楽しみに。川野直秀」と書かれたカードを見た紀本は、花を捨てるよう指示して支店を立ち去った。

 川野直秀(平原テツ)は相馬の同期で、昇仙峡の亡き恋人。京橋支店で働いていたころに、支店長だった紀本とそりが合わず、心を病んで自殺をしたのではないかと相馬から聞かされた舞は、彼岸花を贈ったのは昇仙峡ではと考え、臨店の合間に彼岸花の贈り主を調べる。

 業務に戻った舞と相馬は、京橋支店で事務ミスが頻発している原因を調査する。融資課長の清田忠(岡部尚)は、人員は不足しておらず、残業もゼロだと言うが、行員たちは疲れた様子で覇気がない。相馬は、トップの支店にいれば出世に有利になるから、無理しているのだろうと推測する。

 聞き取り調査の席で、融資課の河合あや(小野寺ずる)が倒れてしまう。病院に付き添った舞は、あやの家族から、京橋支店に異動してからは毎日残業続きで体調を崩したと言われる。

 その夜遅く、帰宅途中の相馬は、京橋支店の通用口から行員たちが出てくる姿を目撃する。人事の勤務データ上でも、超過勤務をしている者は居ない様子だったが、支店長の中西兼敏(盛隆二)が業績トップを維持するため、人件費を削ろうとしているのか。エリート支店に連綿と続いてきた闇を臨店コンビが暴き出す。

 彼岸花の贈り主、銀行合併騒動の行方は。昇仙峡の過去が明かされ、クライマックスに向けて舞と昇仙峡の関係が大きく動く。

#今田美桜#小野寺ずる#平原テツ#盛隆二#山本耕史

関連リンク

【試読】「花咲舞が黙ってない」の電子書籍
【集合ショット】華やか!要潤、今田美桜ら豪華な面々が笑顔で登場
【写真】舞(今田美桜)の元同僚・根津京香を演じる栗山千明
【写真】東京第一銀行の“ダイチくん”を抱える今田美桜
【写真】新『花咲舞が黙っていない』で主演を務める今田美桜

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2329569/full/?anc=270

< >

Page Top