『魔法のリノベ』浅野ゆう子ら出演

#渡辺真起子#玄之介#佐伯大地#金子大地#小山田真

エンタメNEWS2022年8月1日10:55 PM

“月10”『魔法のリノベ』第4話に出演する(左から)寺島進、渡辺真起子、浅野ゆう子、佐伯大地(C)カンテレ

 俳優・波瑠が主演を務め、間宮祥太朗が共演するカンテレ・フジテレビ系“月10ドラマ”『魔法のリノベ』(毎週月曜 後10:00)の第4話(8日放送)に、俳優の浅野ゆう子、渡辺真起子、寺島進、佐伯大地がゲスト出演することが1日、発表された。

【画像】互いに真剣なまなざし…小梅(波瑠)&久保寺(金子大地)に新たな展開

 同作は、大手リフォーム会社で営業成績抜群のエースの立場にありながら、ワケあって男だらけの福山家が営む「まるふく工務店」に転職してきた主人公・真行寺小梅(波瑠)と、工務店の長男で、営業成績0点のバツ2シングルファザー・福山玄之介(間宮)がバディを組み、住宅リノベ提案という“魔法”で、依頼人すら気づいていない悩みや問題をスカッと解決していく“人生再生!リノベーションお仕事ドラマ”。

 第4話の舞台は、一年前に夫を亡くした小山田真理(渡辺)が息子の昌輝(佐伯)と暮らす、築20年の一戸建て。これまで一度も外壁の塗り直しを行っていないことから、外壁リフォームを行うことになるが、番頭の華丸(寺島)率いる外装屋が足場を組んだその矢先、施主である真理が突然、工事をキャンセルしたいと言い出す。しかも、その理由は、義理の姉・保科千恵子(浅野)から「この家は家相が良くない。主に災いをもたらす相だ」と忠告されたからだった。果たして小梅と玄之介はこの案件にどう立ち向かうのか。

 浅野が演じるのは、風水に精通していて、義理の妹・真理に家相が良くないとアドバイスする保科千恵子。自称、波動が高く、小梅と玄之介にも風水のイロハを教え込む。渡辺が演じる小山田真理は、明るく素直な性格で、普段はパートタイムで働いている。千恵子との仲も良好で、夫の亡き後は良き相談相手として頼りにしているが、とある理由でなかなか頭が上がらない。

 真理の工事中止の決断に憤る、外装屋の番頭・華丸を演じるのは寺島進。コワモテの職人だが、話せばわかる人情派。たい焼きが好きで、あんこに目がない。佐伯が演じるのは、真理の息子・昌輝。家族思いのしっかり者で、千恵子に陶酔する母のことを心配しているが、失業した手前、何かと手助けしてくれる千恵子に強くは言えない。

 古来より日本に根づいてきた風水を重んじ、凶相を祓(はら)うためにアドバイスをする千恵子と、それを聞いて「なによりも風水を優先でいきたい」と主張する真理。さらに、「占いなんかに振り回されて恥ずかしい」とあきれ顔の昌輝。家族の幸せを本気で考える3人の願いに、小梅と玄之介はどう応えるのか。さらに、風水案件に巻き込まれ、仕事が頓挫(とんざ)した華丸の怒りは収まるのか。

#小山田真#玄之介#佐伯大地#金子大地#浅野ゆう子

関連リンク

【試読】「魔法のリノベ」の電子書籍
【写真】3度目の共演!“凸凹営業コンビ”を演じる波瑠&間宮祥太朗
【写真】人生こじらせ“凸凹営業コンビ”を演じる波瑠&間宮祥太朗
【写真】中山美穂&寺脇康文“夫妻”の相談に乗る波瑠&間宮祥太朗
【写真あり】「雰囲気が違いますね」ふんわりチーク×流し目スマイルの波瑠

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2244144/full/?anc=247

< >

Page Top