『95』最終回あらすじ

#犬飼貴丈#中川大志#細田佳央太#松本穂香#関口メンディー

エンタメNEWS2024年6月10日7:00 AM

ドラマプレミア23枠開局60周年連続ドラマ『95(キュウゴー)』(C)「95」製作委員会

 King & Princeの高橋海人(※高=はしごだか)が主演する、テレビ東京系ドラマプレミア23枠開局60周年連続ドラマ『95(キュウゴー)』(毎週月曜 後11:06)最終回(第10話)がきょう10日に放送される。このほど場面写真・あらすじが公開された。

【写真】浴衣姿のセイラ(松本穂香)と秋久(高橋海人)

 今作は『イノセント・デイズ』で第68回日本推理作家協会賞を受賞した早見和真氏が、受賞後第1作目として最大級の熱量でつづった最強青春小説をもとに、大人の作った社会の仕組みに抗い、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆け抜けた高校生たちの熱い物語を連続ドラマ化する

■最終回(第10回)あらすじ

渋谷の夜空に大きな花火が打ちあがる中、秋久(高橋海人)と翔(中川大志)は囚われていたマルコ(細田佳央太)、レオ(犬飼貴丈)、ドヨン(関口メンディー)と合流する。暴走族と激しい戦いを繰り広げる5人だったが、圧倒的な仲間数の差にだんだんと押され始める。“全員で花火を見る”という約束を糧に必死に対抗する5人。そこへ秋久を病院送りにした大黒が現れる。余裕の笑みを浮かべた大黒は地面に落ちた拳銃を拾い上げ…。

#中川大志#細田佳央太#犬飼貴丈#松本穂香#関口メンディー

関連リンク

【写真】Q(高橋海人)は翔(中川大志)のチームに誘われる
【役衣装カット】主人公の高校生・広重秋久を演じる高橋海人
【写真】胸キュン必須!”キス間近”な高橋海人
【写真】キャストの90年代ファッションも見どころに
【画像】まじか!キンプリ高橋海人が描き下ろした少女漫画

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2330662/full/?anc=096

< >

Page Top