『Destiny』第1話あらすじ初公開

#矢本悠馬#佐々木蔵之介#田中みな実#仲村トオル#宮澤エマ

エンタメNEWS2024年3月26日6:00 AM

4月9日スタート『Destiny』第1話場面写真(C)テレビ朝日

 俳優の石原さとみが主演し、亀梨和也が共演するテレビ朝日系4月期連続ドラマ『Destiny』(毎週火曜 後9:00)の初回拡大スペシャルが4月9日に放送されるのに先がけ、あらすじと場面カットが公開された。

【場面写真】まさかの三角関係…大学生役を演じる石原さとみ、亀梨和也、田中みな実ら

 石原が3年ぶりに連続ドラマに復帰した同作では、主人公の検事・西村奏(石原)が、大学時代の恋人・野木真樹(亀梨)と12年ぶりに再会。それを機に、封印してきた青春時代のある事件の扉が開き、2人は“20年に及ぶ運命”の波に翻弄(ほんろう)されていく。

 今回初公開となるシーン写真には、父の死以来、息を潜めるように生きてきた奏が、大学キャンパスや長野の大自然の中、真樹、森知美(宮澤エマ)、及川カオリ(田中みな実)、梅田祐希(矢本悠馬)らと、まさに青春を謳歌する大学時代の一コマ。さらには、そんな奏と真樹の恋の始まりを予感させるかのような一枚も初解禁された。また、念願の検事になり、凛とした表情を浮かべて取調室に向かう奏の写真も公開となった。

【第1話あらすじ】
「横浜地検」中央支部の検事・西村奏(石原)は、被疑者の取り調べに向かいながら、「東京地検」特捜部の検事だった父・辻英介(佐々木蔵之介)が亡くなった中学3年生の頃に思いを馳せていた。検事として正義を貫いてきた英介が、汚職事件に巻き込まれ、疑惑を残したまま命を落としたあの日以来、姓を替えて母の故郷・長野に移り住み、息を潜めるように生きてきた奏。父と同じ検事になりたい一心で、孤独に勉強に励む奏の運命を大きく変えることになったのは、「国立信濃大学」法学部に通う大学2年の夏のことだった。

期末試験に臨む奏の隣に座った野木真樹(亀梨)は、驚く奏をよそに、いきなり馴れ馴れしく接してきた。その後も、真樹は何かと奏に絡んできて、自分の友人・森知美(宮澤)、梅田祐希(矢本)、及川カオリ(田中)を紹介する。そんな真樹のおかげで、心を閉ざして生きてきた奏に初めて仲間ができた。「私たち、友だちでいようね。永遠に」というその言葉通り、奏は大自然あふれるキャンパスで仲間と青春を謳歌。初めて心から笑い、充実した日々を送る。

そして、これまで孤独に生きてきた奏と、父・野木浩一郎(仲村トオル)との折り合いが悪く、心から人を好きになったことのない真樹は次第に惹かれ合い、仲間には秘密の恋が始まる。カオリが真樹に惹かれていることに気付きながらも、あえて目をそらし、初めての恋に溺れていく奏…。

そんなある日、想像もしていなかった事件が奏たちに襲いかかる。この事件を境に、永遠を誓ったはずの友情も、彼らの青春時代も突然終わりを告げることに…。

しかし、その12年後――。奏は思いもかけない形で再び事件に向き合うことに。そしてそれは、20年前の父の死の謎に繋がっていて…!?

#宮澤エマ#石原さとみ#田中みな実#矢本悠馬#仲村トオル

関連リンク

【相関図】石原さとみ、亀梨和也ら“運命”に翻弄される登場人物たち
『Destiny』田中みな実らが出演決定 石原さとみ&亀梨和也の大学時代の親友役【5人のコメント全文】
【写真あり】雰囲気ガラリ!石原さとみ“新鮮な”ショートヘアにイメチェン
【写真】海辺で濡れ肌が色っぽい…ナチュラルな表情の石原さとみ
【写真】ノースリから華奢な腕スラリ…クールな表情を見せる石原さとみ

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2319991/full/?anc=284

< >

Page Top