『VIVANT』プロデューサー賞

#IVAN

エンタメNEWS2024年2月8日5:33 PM

『2024年エランドール賞』授賞式の様子 (C)ORICON NewS inc.

 昨年7月期にTBSで放送された日曜劇場『VIVANT』のプロデューサー・飯田和孝氏が、1年を通じて映画・テレビ界で顕著な活躍をしたプロデューサーや、将来有望な新人俳優などを選出して表彰する『2024年エランドール賞』のプロデューサー賞テレビ部門に選出され8日、都内で行われた授賞式に出席した。

【写真】巨大な花束を手に持ちさっそうと登場した堺雅人

 飯田氏は「ありがとうございます!国内外のスタッフ・キャストみんなに報告したいです」と受賞を喜び、「多くのお金がかかってしまっていますが(笑)、前代未聞の企画を通してくれたTBSに感謝しています。長期にわたるモンゴルロケなど、本当に過酷な撮影に大事な家族を送ってくれた、スタッフ・キャストの家族に感謝したい」と改めて思いを伝えた。

 プレゼンターには『VIVANT』で主演を務めた俳優の堺雅人が登場。堺は「栄えある賞を『VIVANT』のプロデューサーが受賞されて本当にうれしく思っています。プロデューサーというのは、簡単そうに見えて難しい。でも、『VIVANT』は本当に大変そうに見えて本当に大変なお仕事です(笑)。人や物など、あらゆるものを繋ぎながら、すべてをうまく回してくれていた」と飯田氏に感謝を伝え、「(飯田氏は)“何が何でも前に進む人”。一番の大人がなる役職なのではと思っております。おめでとうございます」と祝福した。

 プロデューサー賞映画部門には『怪物』(東宝)の川村元気氏、山田兼司氏が受賞した。

#IVAN

関連リンク

【全身ショット】昨年は…爽やかなブルーのドレス姿で登場、宮本信子から花束を受け取る芦田愛菜
【写真59枚】裏切り者は”この人”だった!衝撃の事実が判明
【場面カット】最後に“ラスボス”登場…大物俳優が演じた
【写真多数】続編か?意味深ラストシーンに注目集まる
【場面カット】最後に“ラスボス”登場…大物俳優が演じた

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2313805/full/?anc=284

< >

Page Top