『WIND BREAKER』第8話あらすじ

エンタメNEWS2024年5月22日7:00 PM

『WIND BREAKER』場面カット (C)にいさとる・講談社/WIND BREAKER Project

 テレビアニメ『WIND BREAKER』(MBS/TBS系、木曜深夜0時26分)の第8話あらすじ&場面カットが公開された。

【画像】ボロボロな十亀…公開された『WIND BREAKER』新場面カット


 『WIND BREAKER』は、漫画アプリ『マガジンポケット』(講談社)で連載中の人気不良漫画が原作。

 偏差値は最底辺、ケンカは最強と言われる風鈴高校を舞台に、トップを目指して街にやってきた桜遥。

 ところが風鈴高校が“防風鈴”という街を守る集団となっていたことを知り、自分も一員として街を守るため戦う姿を描いている。

■第8話「思いを継いで」
 十亀の変化を拳から感じ取った桜は、ケンカで初めて相手を「知りたい」と思い、真正面からぶつかる。シンと静まり返る場内に「終わりにしようか」と十亀の声が。

関連リンク

【試読】「WIND BREAKER」の電子書籍
【画像】高校生の顔じゃない…怖すぎる『WIND BREAKER』場面カット
【動画】第1話がチラリ!公開された『鬼滅の刃』柱稽古編の新映像
【動画】迫力の戦闘シーン!公開された『ワンパンマン』第3期の特報映像
【動画】ひえっ!不気味すぎる妖怪…公開されたアニメ『ダンダダン』PV

カテゴリ

アニメ

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2328158/full/?anc=205

< >

Page Top