【あす13日のちむどんどん】

#片桐はいり#どんどん#上白石萌歌#仲間由紀恵#ヒロイン

エンタメNEWS2022年5月12日6:00 PM

連続テレビ小説『ちむどんどん』の場面カット(C)NHK

 俳優の黒島結菜がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説 『ちむどんどん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。13日放送の第25回あらすじを紹介する。

【写真】切ない…暢子が過ごす“最後の夜” 歌子が三線を奏でる

 本作は今年で本土復帰50年となる沖縄が舞台。ヒロイン・黒島結菜は、豊かな自然に恵まれた「やんばる地方」のサトウキビ農家の次女として育つ比嘉暢子(のぶこ)を演じる。物語は、本土復帰前の1960年代からスタート。本土復帰となった1972年に高校を卒業した暢子は、東京へ。レストランで修行に励む中、人生を変える人々との出会い、そして運命の恋。愛する沖縄料理に夢をかけるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の「家族」と「ふるさと」の物語が描かれる。

■第25回あらすじ
暢子(黒島結菜)は、兄・賢秀(竜星涼)のおかげで無事に卒業後に上京できることになった。別れの春、妹の歌子(上白石萌歌)は転勤が決まった音楽教師・下地(片桐はいり)から、心に残るレッスンを受けることに。

1972年5月15日、沖縄が本土復帰を果たしたその日に、暢子は故郷を離れて単身東京へ渡ることに。母・優子(仲間由紀恵)、姉・良子(川口春奈)、妹・歌子に見送られ、夢に向かって出発する。

#川口春奈#黒島結菜#上白石萌歌#仲間由紀恵#どんどん

関連リンク

【キャスト相関図】暢子が東京進出!?登場人物の関係性をおさらい
【動画あり】「やばやば!!」「破壊力」温泉に入浴する川口春奈
【写真】変身!黒島結菜、ギャルメイクに初挑戦
【写真】ファン歓喜!ブログですっぴんを披露した川口春奈
【写真】黒島結菜&伊藤健太郎、婚礼シーンを公開

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2234403/full/?anc=013

< >

Page Top