【RIZIN】中島太一インタビュー

#アリーナ#パンサー#RICO#100%#DEEP

エンタメNEWS2024年3月30日12:00 PM

『RIZIN.46』日韓対抗戦3番勝負でキム・スーチョルと対戦する中島太一 (C)ORICON NewS inc.

 2月の佐賀&3月の神戸と全国各地を盛り上げている格闘技・RIZIN。首都圏での2024年の一発目の『RIZIN.46』(4月29日/有明アリーナ)では、フェザー級タイトルマッチの鈴木千裕vs.金原正徳のほか、注目の試合がラインナップされている。そのなかでもファンから熱い期待を寄せられているのが、RIZINファイターvs.韓国の強豪ファイターによる「日韓対抗戦3番勝負」だ。

【動画】【RIZIN】中島太一、大将格キム・スーチョルを倒してバンタム級王者へ意欲 愛娘を溺愛しすぎてのろけまくり「かわいすぎる」 【単独インタビュー】

 ORICON NEWSでは、RIZINの看板を背負ってこの対抗戦に出場する中島太一(35)にインタビューを実施。RIZINで扇久保博正に勝利し、フアン・アーチュレッタと激闘を繰り広げた人気者のキム・スーチョル(32)との試合に向けて、熱い思いを語ってもらった。

■「格闘技は強いヤツが見られる。自分はそこを見せていく自信がある」

――まずはRIZINでの前戦から振り返りたいのですが、昨年9月の『RIZIN.44』での岡田遼戦は中島選手が終始攻め続けた完勝でした。反響はいかがでしたか?

【中島】そうですね、岡田選手を相手にああいう勝ち方をできたことで、反響が大きくて褒めてくれる人も多かったです。

――その前のRIZINデビュー戦は1階級上のヴガール・ケラモフ選手との対戦(2022年4月)で、体重差もあり不完全燃焼な試合だったと思いますが、岡田戦が“真のRIZINデビュー”になった?

【中島】バンタムが本来の階級なので、そういう部分はありました。

――岡田戦のバックステージ動画では、試合後の控室で「大みそかアピールを忘れていた」と話していましたね。

【中島】やっぱり日本の格闘技といえば、大みそかじゃないですか。2014年にDEEPが大みそかにやった大会(さいたまスーパーアリーナ)は出たのですが、地上波放送もなかったし、見てくれた人も少なかったので、RIZINの大みそかというデカい舞台で試合をやりたかったですね。ここから連勝して、今年こそは大みそかに出たいと思います。

――RIZINはいろんな選手が活躍していますが、中島選手は現在のバンタム級の状況をどのように見ていますか?

【中島】エンターテイメントとしてたくさんの人に見られなきゃいけないので、面白い試合をしたり、KOや一本を狙っていくスタイルに変えなきゃいけないとか、いろんな思いがあります。ただ、結局は強いヤツが見られるって思っているので、変に盛り上げようとしなくても自分の実力で沸かせられるような選手になりたいです。SNSや会見でのパフォーマンスが注目されるけど、みんな結局は強さが見たいはずだし、自分はそこを見せていく自信があります。

――前戦はパンクラス王者としてRIZINに参戦していましたが、その後にパンクラスのベルトを返上されました。RIZINで本格的に戦っていくという覚悟だと思いますが、愛着のあるベルトの返上は悩んだのでは?

【中島】僕は前から言ってるんですけど、強い選手とやっていきたい。どんどんステップアップしたいんで、パンクラスのチャンピオンになったら、次はRIZINの強い選手とやりたいという気持ちです。もちろん、パンクラシストという気持ちはあるし、元王者という看板を背負ってRIZINで戦っていきます。

■スーチョル得意のインファイトは「自分も得意な展開。真っ向勝負してやろうと」

――『RIZIN.46』でキム・スーチョル戦が決定しましたが、この試合のオファーを聞いた最初の感想は?

【中島】「おお、スーチョル選手がきたか!」って感じです。いずれやるとは思っていたけど、こんなにも早くやらせてくれるとは思っていなかったので、うれしかったです。

――スーチョル選手は22年大みそかの「RIZIN vs. ベラトール対抗戦」でRIZIN軍として前バンタム級王者のアーチュレッタ選手と戦い、判定負けながらかなり追い込みました。中島選手が見るスーチョル選手の強さとは?

【中島】スーチョル選手の強さは、最後まで戦えるスタミナと前に出られる強さじゃないですか。自分の強みはスタンドの打撃、デフェンスとスピード、体の柔らかさなので、スーチョル選手が今まで戦ったことがないタイプだと思うので、そこは僕が有利に戦えるだろうし、スーチョル選手のペースも崩れるんじゃないかなと。

――RIZINでは最後まで攻め続ける試合を見せてきたスーチョル選手なので、今回もハードな展開が予想されます。

【中島】相手はインファイトが好きなので、結局はそうなるんじゃないですか。ただ、僕もその展開は得意ですし、真っ向勝負してやろうと思っていますよ。スーチョル選手はグランプリ王者の扇久保選手に勝っていますし、RIZINのチャンピオンになるための最短ルートが来たなっていう感じですね。

――大きな怪我がなくスーチョル戦に勝利した場合、次の理想的な試合のペースは?

【中島】年に3回くらい試合をしたいです。バンタム級王者の朝倉海選手が今後どうなるかちょっとわからないですけど、自分がスーチョル選手にいい勝ち方ができたら、神戸大会で佐藤将光選手に勝った井上直樹選手と挑戦者決定戦もあり得るのかなと。逆にいい試合ができなかったらタイトル戦線から一気に遠のいてしまうので、絶対に負けられないです。

――中島選手はロータス世田谷に所属しているので、出稽古に来ている金原正徳選手とは普段から練習されているのでしょうか?

【中島】たまに稽古つけてもらっていますけど、みんな怒られてますよ(笑)。ジムでも一番強いんじゃないですか。前回の『RIZIN.44』も金原さんと一緒に出場して控室も同じで、今回も一緒なので心強いですし、自分がいい勝ち方をしてメインの金原さんにバトンを渡さなきゃいけないですね。

■もうすぐ4歳の娘は格闘技観戦歴3年「『練習でジャブとカーフをやってきてね』って言われます(笑)」

――中島選手のパーソナルな部分についてもお伺いさせていただきます。まずファンの皆さんの目が行くのが赤髪だと思うのですが、こだわりは?

【中島】こだわりはそんなになくて、「RIZINだしちょっと派手にいこうか」って妻と話して、お気に入りの美容院の方と相談して僕に1番似合う色にしていただいたら、こうなりました。めっちゃ気に入っています。岡田戦で初めて染めて、赤髪は試合の時だけでいいかなと思ってたんですけど、染めると進化した感じがして「俺カッコいい」みたいなやる気も出て、試合が決まってなくても赤髪を続けているので、また試合の直近には染め直します。

――SNSでは娘さんとの写真や一緒にお出かけしている様子もアップされていますね。いま何歳でしょうか?

【中島】いま3歳で、4月で4歳になります。かわいいですよ、そりゃあ(笑)。

――娘さんは中島選手のお仕事は理解されていますか?

【中島】格闘技の練習が仕事っていうのは、なんとなく理解してるんじゃないですか。試合も会場で何回も見ているし、1歳くらいからRIZINだけじゃなくパンクランスの試合も全部来てるんじゃないかな。すごくパワーになっているし、練習に行くときにちょっと疲れていても「パパ、練習を頑張ってね。ジャブとカーフをやってね」って言ってくれるんですよ。そういうのを聞くと元気をもらえますね。

――4歳にして格闘技観戦歴が3年、しかもカーフキックも知っているとは(笑)。格闘家は試合が近づくと精神的に張り詰めたり減量でピリピリすることもあると思うのですが、中島選手のご家庭の空気はいかがですか?

【中島】どうなんだろう…、妻に聞いてください(笑)。僕は平常心を保とうと思っているけど、絶対に血が変わっちゃうじゃないですか。でも、そんなにピリピリする方ではないので、たぶんあんまり変わらないと自分では思っています。

――減量幅は平均でどのくらいですか?

【中島】(試合1ヶ月半前で)今が69~70キロくらいなので、落とすのは8~9キロですね。

――RIZINにもパパのファイターがたくさんいますが、他の選手と“パパトーク”で情報交換をしたりしますか?

【中島】僕、格闘家の友だちがいないので、あんまりわからないです。大人数で練習したり格闘家が集まるようなところに行かないので、人脈がないです(笑)。

――最後の質問です。現在の格闘技人気を語るうえでBreakingDownという存在は欠かせないと思うのですが、中島選手はどのように見ていますでしょうか?

【中島】面白いんじゃないですか。PPVを買ったりはしていなくて、SNSで流れてくるのを見ているだけなんですけど、あれは格闘技人気につながっているんですかね?

――BreakingDownをきっかけにRIZINを見るという人もいるので、少なからず格闘技ファンの底辺を広げているとは思います。中島選手はあまりつながっていないと思いますか?

【中島】BreakingDownは別にいいと思いますけど、格闘技とは全く別物なので、BreakingDownを好きな人がMMAを面白いと思ってくれるのかな、とは思います。

●『Yogibo presents RIZIN.46』対戦カード
◆フェザー級タイトルマッチ
【王者】鈴木千裕 vs. 【挑戦者】金原正徳
◆日韓対抗戦3番勝負
・バンタム級
中島太一 vs. キム・スーチョル
・フライ級
神龍誠 vs. イ・ジョンヒョン
・バンタム級
倉本一真 vs. ヤン・ジヨン
◆ワンマッチ
・バンタム級
牛久絢太郎 vs. 太田忍
・フェザー級
中原由貴 vs. ビクター・コレスニック
・フェザー級
山本空良 vs. イルホム・ノジモフ
・フェザー級
高木凌 vs. 西谷大成
・フェザー級
鈴木博昭 vs. YA-MAN
・ライト級
“ブラックパンサー”ベイノア vs. 井上雄策

#100%#パンサー#DEEP#アリーナ#RICO

関連リンク

【動画】【RIZIN】鈴木千裕、会見に出ない挑戦者・金原に不満「王者にもファンにもリスペクトがない」 能登半島チャリティーイベントについて語る【単独インタビュー】
【RIZIN】榊原CEO『ベラトール大みそか日本大会』について言及「全面対抗戦の可能性も…」UFCとも交渉継続
【RIZIN】萩原京平「ちょっと限界なのかなと思いました」連敗で本音を吐露
【RIZIN】“韓国美女ファイター”シン・ユリ「もっと成長した姿を見せたい」継続参戦に意欲
【RIZIN】平本蓮、弱気発言の萩原京平に「こんなとこで終わる男じゃないだろ」熱いエールにファン興奮

カテゴリ

その他

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2320511/full/?anc=142

< >

Page Top