カンテレ、槇原容疑者曲は使用中止

エンタメNEWS2020年2月13日8:18 PM

槇原敬之(C)ORICON NewS inc.

 シンガソングライターの槇原敬之容疑者(50)が13日、覚せい剤取締法違反などの疑いで警視庁に逮捕されたことを受け、2015年に槇原容疑者が書き下ろした楽曲「超えろ。」を現在も一部番組で使用していたカンテレは、「当面の使用を控える」と発表した。

■槇原敬之の作品一覧

 同局は15年春の改変に合わせて、ロゴマークの刷新や新ブランドコンセプトの設定など、「超えろ。カンテレ」キャンペーンを実施。その際のキャンペーンソングを大阪出身の槙原容疑者に依頼し、「超えろ。」が完成した。

 同曲は夕方のニュース番組『ゆうがたLIVE ワンダー』のテーマソングに起用されたほか、現在も一部番組やキャンペーンで使用されるなど、カンテレの“社歌”として親しまれてきた。

関連リンク

ジャンプ編集担当、作家のペンネームで揉め“謝罪” 漫画の内容以上に議論
「よしもと男前」にも選ばれたイケメン芸人、無免許運転で2度目の逮捕
沢尻エリカ被告、直筆で謝罪文を発表「罪の重さを自覚し反省」【コメント全文】
広瀬アリス・すず姉妹、兄逮捕で謝罪「今はお仕事に集中して頑張ります」
喜多村緑郎と鈴木杏樹、不倫報道で謝罪「軽率な行動を真摯に反省」【双方コメント全文】

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2155321/full/?anc=142

< >

Page Top