カンテレ“関西”舞台に連ドラ

エンタメNEWS2020年3月26日4:00 AM

カンテレは関西を舞台にした連続ドラマを2本放送(C)テレビ朝日

 大阪・カンテレ(関西テレビ放送)は25日、34年ぶりに本拠地・大阪、京都、神戸で連続ドラマを2本、制作することを発表した。放送は、カンテレ・フジテレビ系全国ネットで放送している「火9ドラマ』枠(毎週火曜 後9:00)で行う。1本目の作品の舞台は、京都。2本目の作品の舞台は、神戸。 両作品とも、大阪、京都、神戸、関西地区にてすべての撮影を行う。

【写真】4月期の“火9”に出演する玉木宏と高橋一生

 プロデューサー・監督を含め、関西の制作スタッフが集結し、撮影もすべて関西で行うこと、さらには“夏の連続ドラマを2本立て”で制作することは、初めての試み。また、ゴールデン・プライム帯の連続ドラマを“ALL関西で制作するという試み”は、1985年に放送された『影の軍団 幕末編』(85年10月7日~85年12月30日)以来、34年ぶり。今期制作する2本の夏ドラマに関して、それぞれの作品名や出演者等、詳細については、後日発表される。

■関西テレビ放送 制作局長 安藤和久のコメント

 34年ぶりにカンテレの本拠地・大阪、京都、神戸で連続ドラマを制作します。カンテレは、ゴールデン、プライムタイム(現在は火曜よる9時)に数々の連続ドラマを東京で制作してきました。 関西に本拠地を置くカンテレとしては、経済やエンタメ文化などが東京一極に偏ることなく、2025年の万博を見据え、関西を盛り上げるべく、関西のドラマ制作文化を継承・発展させ、ドラマ界全体の起爆剤になればと、今回、本拠地の関西で制作することにしました。

 出演者は、もちろんのこと、関西のスタッフが誰よりも嬉々としてドラマ制作に取り組んでいます。関西の皆さまが日ごろ親しみのある場所で、豪華俳優陣が素晴らしい演技を見せてくれています。関西以外の皆さまはもちろん、京都や神戸の素晴らしいロケーションを舞台にした関西発の連続ドラマを是非、楽しんでください。

関連リンク

なにわ男子・大橋和也、『めざまし』月替り情報プレゼンターを担当「幸せパワーをいっぱい放出します!」
HiHi Jets&美 少年&なにわ男子、スマホ向け手帳アプリをアピール
関西ジャニーズJr.主演ドラマのポスタービジュアル公開 各話ヒロインも一挙解禁
松本まりか、新たな“悪女役”に奮起「言葉も態度も超ド級」
工藤阿須加、山本美月主演『あと3回、君に会える』に出演 “エロスだだ漏れ”設定に困惑「ワード強すぎ…」

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2158343/full/?anc=014

< >

Page Top