キスマイ、今夏“エース”目指す?

#キスマイ#目指す

エンタメNEWS2022年5月13日4:00 AM

「ウナコーワエース」新テレビCM『刺されたらすぐ』篇

 人気グループ・Kis-My-Ft2(北山宏光、千賀健永、宮田俊哉、横尾渉、藤ヶ谷太輔、玉森裕太、二階堂高嗣)が、15日より放送開始される興和『ウナコーワエース』の新テレビCM『刺されたらすぐ』篇に出演する。商品名にちなみ、この夏目指したい“エース”を聞かれたメンバー。北山は「どんなお仕事もいただいて『エーッスよ!』と答えられる準備をしていきたいなと思っています」とアグレッシブな姿勢を見せた。

【画像】SixTONESとKis-My-Ft2のボイス付きスタンプ

 このほかにも横尾は「“料理エース”です! 地方の郷土料理を覚えたいですね」と意欲。宮田は「アニメが好きなので、アニメに関わるいろいろなお仕事をしていきたいですし、キスマイの“アニメエース”を目指します」といい、千賀は「美容を極めて、芸能界一の“美肌エース”を目指していきたいです」と得意分野で目標を掲げる。

 藤ヶ谷は「“丁寧な暮らしエース”」とのことで早起きして朝食を作り、しっかり食べ、読書に勤しむなど、丁寧な生活を心がけたいとのこと。玉森は「めちゃくちゃ色白なので“美白エース”でいきます」と宣言。最後に二階堂は、「スキューバダイビングが趣味で、水中写真を撮ったりしてるので、“水中カメラマンエース”を目指していきたいです」と語っていた。

 新CMはサッカー(千賀)、キャンプ(藤ヶ谷)、マリンスポーツ(玉森)、野球(横尾)、テニス(宮田)、ゴルフ(二階堂)、釣り(北山)と、夏のアクティビティを満喫中の蚊、毛虫、クラゲなど、それぞれの場所に潜む虫などに刺されてしまうメンバーたち。しかし同商品を塗布すしてすばやくかゆみを抑え、爽やかな笑顔を取り戻す…といったストーリー。

 「刺されたら、すぐウナエース! 早く効くウナエース!」という一連のセリフを、メンバー7人が、リレー方式でつなぐなか、千賀の「刺されたら、すぐ」からスタートし、藤ヶ谷が「ウナ」、玉森が「エース」、横尾が「早く」、宮田が「効く」、二階堂が「ウナ」、北山が「エース」と、それぞれ「ウナコーワエース」を腕に塗布しながら発するセリフは、それぞれ1秒に満たない「ひと言」が重要。

 その「ひと言」に、最もこだわりを見せたのが「効く」を担当した宮田。監督からの演出説明を受けて、いざ撮影へ。何度かリハーサルを行った後、カメラがまわり、いよいよ本番スタート。「効く!」と発した宮田の演技に、監督も大きく頷き一発OKとなった。

 しかし、カメラの前から動こうとしない宮田は「もう一回やったら、もっといい感じにできそうなんだけどなぁー!」と悔しそうな表情。「もう一回やりたいなぁ!」という宮田の熱意に押されて、再度撮影をすることに。「よし!」と小さなガッツポーズを見せた宮田のテイクツー。「効く!」と先ほどよりもクールな言い回しを披露すると、早速モニター画面でその様子をチェック。「おー、納得しました!」と自身でも太鼓判を押す出来栄えとなった。

 終盤、メンバー全員で「虫刺されにはウナエース!」と声をそろえる場面では、藤ヶ谷と玉森が中心になりながら、7人全員で「A(エース)」を形どるものと、7人全員で商品を手に「虫刺されにはウナエース!」とさわやかに声をそろえるものの、2種類が制作された。最終的に採用されたのは、爽快感あふれる笑顔が印象的な後者だったが、「A(エース)」ポーズの撮影の様子は、後日公開されるメイキング映像の中で少しだけ見ることができる。

#目指す#キスマイ

関連リンク

【動画】こだわりの強い“カレ”を演じた玉森裕太
【写真】ベスト盤ジャケ写で10年前の”デビューシングル”を再現したキスマイ
【写真】『anan』で”史上初”2度目の官能グラビアに挑戦した玉森裕太
【写真】キスマイ北山宏光が美腹筋披露 『anan』初ソロ表紙
【写真】そっくりと話題に!Mattになりきった玉森&パク・セロイになりきった藤ヶ谷

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2234476/full/?anc=096

< >

Page Top