キンプリ、34万人動員ツアーが開幕

NEWS2019年7月22日4:00 AM

横浜アリーナで『King & Prince CONCERT TOUR 2019』を開催した(左から)神宮寺勇太、永瀬廉、平野紫耀、岸優太、高橋海人 (C)ORICON NewS inc.

 人気グループ・King & Prince(平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、岸優太、神宮寺勇太)が21日、横浜アリーナにて『King & Prince CONCERT TOUR 2019』を開催。今週末からスタートした今ツアーでは同所を皮切りに7都市32公演を巡り、総動員数は34万人を予定。デビュー2年目2回目の今年は先輩グループ・嵐の松本潤からもアドバイスを受け、平野は「細かいところだったり、主にコンサートへの臨み方についてとか、基本のことを教わりました」とサポートに感謝した。

【別カット】王子衣装でキラキラの笑顔を見せるキンプリ

 コンサート本編ではデビュー曲「シンデレラガール」をはじめ、「君を待ってる」「Memorial」などのシングルはもちろん、今回が初披露となる平野主演の映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』主題歌の「koi-wazurai」(8月28日発売)など33曲を熱唱。1万5000人のティアラ(キンプリファンの総称)を魅了した。

 激動のデビューイヤーを経ての成長も存分に発揮。平野いわく「自分たちでもアイディアを考えて提案した」と自らが考案する部分も。高橋と神宮寺は中盤の「Glass Flower」の演出を担当。高橋は「どうしたらエモくなるかというのを考えた」といい、神宮寺は「花吹雪が舞ってカーテンみたいなのがあることで、調味料を組み合わせてエモいことになるんじゃないか」と工夫したそう。永瀬は「僕らが“Glass flower”みたいな」と解説した。

 「王子様の二面性」をテーマにしたという今ツアーではぐっとオトナっぽさが増した5人。激しいダンスナンバーやシャツを大胆にはだけさせ、素肌を覗かせる場面も。しかし、美しい腹筋をみせた岸が、MCで平野から「リハーサルのときからサバみたいヤツをずっと食べてる」と裏側をバラされたり、報道陣から「ワイルド」と褒められた平野が「ファイル…?」と聞き間違える相変わらずの天然ぶりをさく裂させるなど、持ち前のギャップで和ませていた。

 終盤の「King & Prince, Queen & Princes」ではステージ上に休養中の岩橋玄樹の立ち位置をピンスポットライトが照らすなか、客席は岩橋のメンバーカラーであるピンクのペンライト一色に。永瀬は「まだパズルのピースはひとつ欠けた状態」と触れると「今、僕たちがライブを守って、いつでも玄樹が帰ってこれる環境を整えつつ、6人揃った時のパワーを改めてみなさんに感じていただけるように今回のツアーを全力で大成功させます!」と固く約束した。

 ツアー以降の目標について岸は「デビュー当初から目指している世界はいつか行ってみたい。パフォーマンスで戦えるような技術や話術をつけて魅了させたいです。夢はでっかく持ちたいです!」と意気揚々。壮大な目標に向けさらなる飛躍を誓った。

■本編ラストのメンバーあいさつ抜粋

岸優太「みなさんには感謝してもしきれないほどの感謝があります。応援してくれる姿は僕たちが頑張れる原動力になっております。これからもそのあたたかい声援、大きな声援をたくさんください。僕たちもなにかでお返しします。お金とかじゃなくて…(笑)。お金より大切な、愛でみなさんにお返しできたら。そして一人でも多くのキンプリファンがきてよかったと思える公演にしていきますのでこれからもずっとずっと応援よろしくお願いします。本当にありがとうございました」

永瀬廉「僕は本当に、ライブが一番すきやなぁと感じました。みなさんの喜んでくれている顔、僕らがアホなこと言って笑ってくれている顔。ほんまに一つ一つが僕らの力になっています。みなさんに支えられてお仕事させていただいているんやなと改めて強く感じました。これからも僕たちについてきてください。きょうは本当にありがとうございました」

高橋海人「こうやってみんなと笑い合って楽しんで、こういった空間って本当に幸せだなと思いました。日常のなかでいいことがある反面、悪いこともたくさんあります。はずれな日だったり夜も眠れない日も。そういう時は僕たちが寄り添うので甘やかしてください。たくさん癒やすので、その分たくさん愛してください。きょうはありがとうございました」

神宮寺勇太「みなさん、きょうという1日は楽しかったですか? みなさんがこうしてここに来てくれて僕たちのコンサートを観て、楽しいといってくれるだけで本当に満足です。いつも僕たちにみなさんが愛情を注いでくれるように今回はこのコンサートで僕たちがたっぷり濃厚な愛情をみなさんに注げたかな?と思ってます。みなさんの笑顔を絶やさずに僕たちKing & Prince、頑張っていくのでみなさん応援よろしくお願いします。ありがとうございました」

平野紫耀「みなさん、きょうは僕たちの想い、届きましたか? 後悔ないですか? 僕たち、この1年で何回かしか会えないタイミングでいろんなことをみなさんに伝えているんですけど、みなさんも恥ずかしがらずに周り友達や家族、彼氏、彼女になにか言いたいことがあれば伝えてください。僕も恥ずかしくてジャニーさんに言えなかったことがあるのでこの場を借りて言えたらと思います。今、僕たちの目の前にいるこのファンの人たちを、必ず幸せにします。そしてずっと笑顔にします。僕たちは前を向いていくので、こんな僕たちにこれからもついてきてください。きょうは本当にありがとうございました」

関連リンク

【画像】キンプリ高橋海人の描き下ろし少女漫画
【写真】『non-no』8月号の表紙を飾るKing & Prince
【写真】スローリーに腰を振り…色気溢れ出す平野紫耀
【写真】6人でわちゃわちゃ!仲の良さが伝わってくる笑顔のKing & Prince
【写真】キンプリ平野紫耀『anan』ソロ初表紙

カテゴリ

音楽

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2140510/full/?anc=096

 
 

気になるタレントを検索してみる

 

Page Top