ナイナイ『ぐるナイ』30周年に感慨

#中居正広#武田鉄矢#ナインティナイン

エンタメNEWS2024年3月28日7:00 AM

ナインティナイン(C)日本テレビ

 4月4日の放送で30周年を迎える日本テレビ系バラエティー『ぐるぐるナインティナイン』(後7:00)では、中居正広が22年ぶりゴチ参戦を果たす。白熱した戦いを前に、ナインティナインの2人が囲み取材に応じた。

【全身ショット】2人そろってポーズを決めるナインティナイン

■ナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)

Q:「ぐるぐるナインティナイン」の放送30周年を迎えて今の心境は?

矢部:年取ったなっていう(笑)。22歳からやらせてもらっているんですよね。そんなときからやらせてもらっているのが、考えられへんなと思いますね。ゴールデンになったら、大御所の方にゲストで来ていただけるようになったんですけど、当初は、自分に何の説得力もないので、いつも違和感を持ちながらも、必死な気持ちの方が勝って、もがいていたなっていうのを思い出します。

岡村:30年もできると思っていませんでしたし、そもそも、「天然素材」(「吉本印天然素材」)のメンバーからのバッシングもすごかったですし(笑)。もともと「天然素材」っていうのをやっていて、そこから、コソっと、「ぐるぐるナインティナイン」をはじめさせていただいて、そんなに長くやらせていただけると思っていませんでしたけど、いろいろ人気企画なんかも生まれて、本当にいろんな人に支えていただきながら、かわいがっていただきながら、これだけ続いたなと思います。相方も言っていましたけど、「ぐるナイ」で、いろんなビッグな先輩方と絡ませていただくようにもなりました。

武田鉄矢さんとお仕事させていただいたときには、この人は金八先生じゃないんだなっていうのを感じましたね(笑)「僕らの憧れの金八さんとお仕事できるんだ」と思ってご挨拶したら、「あっ!」って言われただけで(笑)そんなふうに、どんどん芸能界を見ていく瞬間も多々ありました。いろいろと頑張っていかせてもらっているうちに、いろんな先輩方からも認めていただいたなと思います。

Q:「ぐるぐるナインティナイン」はご自身にとってどんな番組?

矢部:22歳のころからやらせてもらっているので、もう終わっていてもおかしくないんですけど、まだ当たり前になっているという感じですかね。もうほとんど若いスタッフになってるんですけど、昔からのスタッフも、まだ数人いてるんで、なんでしょうね、不思議ですね。他の番組は、もうほぼ終わっていて、もう「ぐるナイ」とラジオだけなので。ネットニュースでよく、「もう終わってもいい長寿番組」の特集をされているんですけど、ここまできたら、そこに載らないことを目標に、とよく思っています。「まだやってんの?すごいな」っていつまでも言われる番組でありたいなと思います。

岡村:我々は、52、53歳とかになってきていて、今言われているコア視聴率のターゲットからは外れているおじさん芸人ですので、そういったなかで、こうやって番組をやらせていただいて、「ゴチ」とかで若い人たちのお力も借りて、見ていただけていることは非常にありがたいことだと思います。番組が始まった当時は、若くて何もわからなかったんですけど、この「ぐるナイ」で、テレビっていうのを教えていただいたと思います。

ロケをやらせてもらうってなった時、「みんなでわちゃわちゃしゃべってもダメでしょ。いくら面白いことを言っていても、残らないよ。まずひとつ『あの~』って言って、カメラをこっちに向けるとか、そういうのを何か一つ覚えなさい。自分の方にカメラを向ける技術を覚えなさい」とか指導してもらったのも、この番組でした。いろいろテレビのことを教えていただいたのは、「ぐるぐるナインティナイン」だったなと思います。

#ナインティナイン#武田鉄矢#中居正広

関連リンク

【ライブ写真たくさん】さんまも登場!会場を爆笑の渦に巻き込んだ『駐在さん』
【写真】『アンパンマン』最新作でアニメ映画の声優初挑戦の岡村隆史“父の顔”もチラリ
【写真】Snow Man向井康二、岡村隆史と即興劇挑戦も噛み合わず “スパイ”企画で前代未聞の事態に
【予告動画】中居正広、28歳当時のブチギレ動画を一部公開
堂本光一、『だれかtoなかい』で“怖かった”先輩告白 中居正広「ニュースに出るだろうな」

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2318774/full/?anc=148

< >

Page Top