バンドの日常撮るライブカメラマン

NEWS2019年7月27日8:00 AM

『TOUR DREAMS』(SPACE SHOWER BOOKS)著者のジュレン・エステバン・プレテル氏 (C)oricon ME inc.

 スペイン出身のライブカメラマン、ジュレン・エステバン・プレテル氏が7月24日、フォトダイアリー『TOUR DREAMS』(SPACE SHOWER BOOKS)を上梓した。本作は、coldrain、Crossfaith、ONE OK ROCK、SiMらのライブ約200公演を訪れ、カメラに収めてきた500点以上の写真をユーモアあふれる文章やイラストと共に収録。多くのツアーに同行し、国内外さまざまなアーティストと交流を図ってきた彼だから残せる内容となっている。

【写真】貴重なONE OK ROCK食事シーン

写真がいいだけではない 物語のある写真集を作りたい

「本格的にライブを撮り始めて8年。ある程度枚数もまとまってきて、こういう形で写真集を出したいなと思っていたんです。ツアーに同行するカメラマンとしては、こういう本を出すことは夢でもあるので。私の本業は(准教授として)大学で経済学を教えることで、本来、音楽とは関係ない人間。でも、音楽と写真が好きという気持ちから、こういう写真集を出すことができた。何事にも一歩踏み出すことが大切であり、自分もできればみんなにもできる、夢はかなうというメッセージを込めて、『TOUR DREAMS』を制作しました」(ジュレン・エステバン・プレテル氏)

 撮影された写真、そして熱い思いを持ってジュレン氏は、出版社、音楽関係の会社を巡った。この本の担当編集であるスペースシャワーネットワークの岩崎梓氏はこう振り返る。
「すごい熱量だなと思いました(笑)。ただ写真の視点や撮り方がすごく刺激的で。何より『ストーリー』が面白いと思いました」(岩崎梓氏)

「写真がいいということは当たり前。どんなに写真が良くても、それをどう見せるか、ストーリーラインが非常に重要だと思っていました。今回の場合、どういうふうに夢がかなっていったのか、夢の実現を段階的に見せていきたいと思いました。職業柄、どうやって章立てて、どう組み立てるか、論文形式な考え方は得意だったので(笑)。あわせて、見る人によって印象が変わる写真集にもしたいと思っていました。例えば、収録されたバンドのメンバーが見れば『思い出』として位置づけられる物になるだろうし、ファンから観れば、ステージの裏側のメンバーの姿が見られ、より近くに距離を感じられる。駆け出しのカメラマンは、アングルとか参考にしてもらえれば。そんないろんな角度から楽しめる作品になりました」(ジュレン氏)

いい写真を撮るには 被写体と信頼関係を築く

 写真集のなかを見ていくと、迫力あるライブ写真に圧倒される。そのクオリティーは、被写体になったcoldrainのボーカル・Masatoが「バンドを見る、やる、撮る楽しさがめちゃくちゃ伝わる1冊」と語るほど。特筆すべき点は、パフォーマンスを繰り広げるバンドメンバーとの距離の近さ。時にはステージ上で“共演”しながら、臨場感あふれる写真を残している。

「こういう写真を撮るためには、メンバーとの信頼関係を築くことが重要です。もちろん最初は、少し離れたところから撮ります。撮影した写真をメンバーに見せる。それが良ければ自然と距離が近づいていきます。その際、『こういうことはしないよ』と、メンバーに安心感を与えることが大切です。そして、何より彼らの音楽が好きという気持ちが一番にあること。バンドや曲が好きじゃないとあまりいい写真が撮れないんですよ(笑)」(ジュレン氏)

 実際にcoldrainのライブでは、Masatoがダイブしたシーンも収録されている。
「だいたいリハの時にこういう風に動くよって教えてもらうんですけど、ライブが始まったら、『(ジュレンを)困らせてやれ!この瞬間を撮ってみろ!』って予定なく、反対側にダイブしてきた。僕が客席にいて、身動きが取れない状態だって知っていたはずだから、絶対わざと(笑)。でも仲が良くて、信頼関係がないとこういうことはできないので」(ジュレン氏)

 ライブ写真だけではなく、バックステージの写真も、普段見せないような貴重な表情を収めたカットが多い。
「バックステージでは、バンドメンバーがいかにリラックスしている状態を保てるかが重要。そういうところから普段見ることのできない日常を撮れることもあるので、私にとって、日本の文化は理解しにくい部分もあって、(メンバーの心持ちを)読み取れない部分もあるので、気を付けています。幸い、『楽屋から出ていけ』と言われたことはないです(笑)」(ジュレン氏)

日本のミュージシャンの方が プロ意識の高さを感じる

 国内外さまざまなアーティストを撮影している彼に、日本と海外のミュージシャンの違いを聞くと、意外な答えが返ってきた。
「ステージ上では違いはないです。どちらもすごいパフォーマンスをするバンドが多い。ただオフステージになると、日本人のバンドの方々はとても丁寧で礼儀正しい。時間にとても正確だし、リハの段階からきちんとやっている。すごいプロフェッショナルです。この本に出てくるCrossfaithは、飲むときはガッツリ飲むけど、ライブの前日は全然飲まない。プロ意識の高さを感じます。この本には載っていないけれど、知っている海外のバンドはそんなにきっちりしていないし、ゆるいですね。
 国内に比べると小さめの会場で行われていたONE OK ROCKのコンサートも、いまや単独ツアーで大盛況するほど海外で成功を収めています。他のバンド、特にメタル系のバンドは市場が狭いので大変だと思いますけど、一生懸命やっているので、今まで以上に成功してほしいですね」(ジュレン氏)

 最後にこれからもライブカメラマンを続けていくという彼に、彼の専門分野である経済学的に音楽市場を分析する予定はないか聞いてみた。
「経済学的に音楽市場の分析に興味はあるけど、私の専門は労働市場とか失業率などに特化した経済学。分析方法が違うから、今は難しい。でも、将来的にはどうなるかわからないけどね(笑)」(ジュレン氏)

関連リンク

【試聴】ONE OK ROCKの主な配信楽曲
【動画】YouTube再生回数は1800万回超え「Wasted Nights」MV
『キングダム』主題歌好調のONE OK ROCK、9月から国内アリーナツアー30公演
SiMのボーカル・MAH、タレントのダーブロウ有紗と結婚
SiM、9年目でメジャー移籍 4月にユニバーサルから新曲

カテゴリ

音楽

記事URL

https://www.oricon.co.jp/confidence/special/53380/?anc=235

 
 

気になるタレントを検索してみる

 

Page Top