ムロツヨシ「抱っこされたい」願望

#宮野真守#ベイビー#赤ちゃん#ムロツヨシ#芳根京子

エンタメNEWS2021年11月18日8:17 PM

「抱っこされたい」願望を明かしたムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.

 俳優のムロツヨシが18日、都内で実施されたアニメ映画『ボス・ベイビー ファミリーミッション』(12月17日公開)の完成披露試写会に登壇。吹替を担当したボス・ベイビーのように大人の意識のまま赤ちゃん返りできたら「(大人の男が)抱っこされることってないから“抱っこされたい”」という願望を口にしながら、ネットニュースの見出しを気にして葛藤し、「(赤ちゃんのように)泣き叫びたい! 感情のまま全部出してみたい!」と、ぶちまけていた。

【動画】司会者の難質問に男性陣困惑!?ムロツヨシに無茶ぶりされた宮野真守

 前作から25年後が舞台の本作。大人になったボス・ベイビーと兄のティムの元に、“見た目は赤ちゃん、中身は女スパイ”の新たなボス・レディが現れ、世界を救うために再びボス・ベイビーとティムを赤ちゃん返りさせて、史上最大のミッションに挑むストーリー。

 舞台あいさつには、ムロのほかにボス・レディ役で吹替に初挑戦した多部未華子、前作で少年ティムの吹替を担当し、今作ではティムの長女・タビサを担当した芳根京子、今作のティムを担当した宮野真守も登壇。

 赤ちゃん返りができたら、多部は「子どもの頃の写真がどれもブサイクなので、いまなら(撮られる側の)技術があるからかわいい写真を残したい」、芳根は「いっぱい寝て、いっぱい食べて、ほめられたい」と答えていた。

宮野は「カリスマにあこがれて、カリスマは誘うんじゃない、誘われるもんだと思っていたら、誰からも誘われなくて1人で帰っていたので、友だちほしい」と、子ども時代をやり直したいと思っているよう。ムロから「抱っこされたい、って答えて」と言わされるままに「赤ちゃんみたいに抱っこはされたいといえば、されたいですよ」と笑顔で応じ、「人が好きなので、つい楽しく話しちゃう」と話していた。

 そんな宮野は「つかみどころがなく、ミステリアス」と言われるが、ムロは「僕も同じようにしゃべっているのに、(ミステリアスとは言われず)見透かされてしまう」と自分で自分を笑い飛ばし、「よくしゃべるけど、心を許した友の前では無言になります。ある距離感になったところから無言が苦じゃなくなる」と、“ギャップ”アピールするひと幕も。さらに、前作のボス・ベイビーのぬいぐるみを相手に家飲みしているそうで、「無言の友」と呼んでいた。

#ベイビー#芳根京子#宮野真守#100%#多部未華子

関連リンク

【集合ショット】多部未華子、芳根京子らとともに”ボス”のスーツ姿で登場したムロツヨシ
【動画】『ボス・ベイビー』ボス流 見どころ紹介
【動画】『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』本予告
ボス・ベイビー“コンビ”の活躍に期待が高まるポスタービジュアル解禁
『ボス・ベイビー』最新作、ムロに続いて芳根京子・宮野真守・乙葉・石田明が再集結

カテゴリ

映画

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2214251/full/?anc=014

< >

Page Top