ライオン・キング吹替に賀来賢人ら

NEWS2019年7月8日3:06 PM

実写映画版『ライオン・キング』でシンバ役を務める賀来賢人 (C)ORICON NewS inc.

 実写映画版『ライオン・キング』(8月9日公開)のプレミアム吹替版声優発表イベントが8日、都内で開催された。シンバ役は俳優の賀来賢人(30)が務めることが明らかになった。

【写真】緩やかにノリノリなダンスを披露、楽しそうな雰囲気の佐藤二朗&亜生

 1994年公開のアニメーション映画『ライオン・キング』は、9億8000万ドルという興行収入を上げ、当時、世界一の記録を作った作品(現在は、『アナと雪の女王』『トイ・ストーリー3』に次ぐ記録)。1997年には、この映画にインスパイアされたミュージカルがブロードウェイで上演され、最大のヒット作の1つとして現在も人気がある。

 メガホンをとるのは『アイアンマン』シリーズを手がけたジョン・ファヴロー監督。主人公・シンバの声をドナルド・グローヴァーが務め、幼なじみのメスライオン・ナラ役を歌姫・ビヨンセが務める。

 この度、発表となったのはシンバ役の賀来のほか、スカー役の江口洋介(51)、プンバァ役の佐藤二朗(50)、ティモン役のミキ・亜生(30)、ナラ役の門山葉子(24)の5人となった。

 賀来は「言いたくて言いたくて…。でも、絶対に言っちゃいけないお触れがあった」と苦笑い。江口は「CGがスーパーリアル。リアルなライオンに自分の声を入れた。ライオンキングの集大成」とアフレコを振り返った。

 佐藤は「7歳の息子がいる。ディズニーの吹き替えをやるのは2回目。当時、3歳の息子と初めて映画館に行った。私、役者なんですけど子どもの教育上いい役をやったことがない。このお話をいただいたときに、また息子と映画館に行けるわ、と」と得意げ。亜生は「いい父親ですね~」とはやし立て、早くも相性のよさを見せた。亜生は「ルミネの楽屋とかで『ハクナ・マタタ』をさりげなく歌って匂わせてました。『どうした』と言われて、『なんでもないです』と」と話し、笑わせた。

 また、賀来はオーディションで役を射止めたそう。同作は小さいころから大好きな作品で、友人が劇団四季で『ライオン・キング』をやっていたことなど「個人的に勝手に縁を感じていました」とにっこり。「小さい子どももいるので絶対にシンバ役をやりたいと思っていたら、いただけた。全身全霊でやらせていただきました」と感慨深げだった。

 亜生は声優が決まった瞬間を回想。タクシーに兄で相方の昴生、マネージャーと3人で乗車しているタイミングだったそう。「マネージャーが『亜生さん、ティモン役の声優決まりました! プンバァは佐藤二朗さんです!』と。お兄ちゃんは『なんでや!』と言ってました」と笑いを交えて説明した。昴生も「三木一族の代表で頑張ってこい」と激励されたそう。昴生は練習相手も務めたそうで「お前はティモンの本質をわかってない」と助言もされたという。「だいぶ、けいこをつけてもらいました」と笑った。そして「これは売れましたね。だって『ライオン・キング』ですよ。4月に東京に出てきたんですけど、出てきてよかった」と幸せそうな笑顔を見せていた。

関連リンク

【動画】山里&蒼井の結婚を知り、あたふたする佐藤二朗
【写真】榮倉奈々&賀来賢人、出会いのきっかけ『Nのために』で共演
【写真】「やっぱレスカだよね」賀来賢人&磯村勇斗ら『今日俺』5人の“初出し”オフショット
【写真】『今日から俺は!!』原作画 今では考えられない昭和のヤンキー頭の“再現率”も話題に
【写真】賀来賢人が昭和のヤンキーに! 衝撃ショット満載の『今日から俺は!!』フォトギャラリー

カテゴリ

映画

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2139406/full/?anc=181

 
 
 

Page Top