“レンタルヤギ”人気呼び順番待ち

#問い合わせ#レンタル

エンタメNEWS2021年11月13日9:30 AM

手をかければかけるほどなつく人懐っこい性格のヤギたち

 佐賀県の農園が半年ほど前に始めた“ヤギのレンタル”が、順番待ちとなるほどの人気を呼んでいる。過疎地域で人手不足が深刻化し、耕作放棄地が増えている中、除草剤を使わず、環境にもやさしい草刈代行サービスとして、個人や企業から問い合わせが相次いでいる。

【画像】かわいい…! 除草しながらレンタル先に癒しを与えているヤギたち

■ヤギは人懐っこくて寂しがり屋さん?「1頭では寂しがるため、レンタルは2頭から」

 8年前に、自農園の除草のためにヤギを飼い始めたファーム孫六(佐賀・武雄市)。最初はメスだけだったが、オスも飼い始めると繁殖し始め、譲り受けたヤギも含めると気づけば30頭以上に。知り合いに相談すると、レンタルサービスを勧められ、今年の初春に開始。SNSやクラウドファンディングを通して募集をかけると、想定以上の問い合わせがあった。

「最初は、このあたりは過疎地で、離農した人が結構いるので、雑草が伸び放題の荒れ地の良い解決策になればと思ったのですが、始めてみると、農家の人はあんまりいなくて。草刈り機が扱いづらくなった高齢の方やペット感覚で頼まれる女性、広大な敷地の管理に苦労されている企業などからの問い合わせがありました」(ファーム孫六・原口浩信さん/以下同)

 柵や雨風しのぐ小屋・軒下などがあれば、基本的には放し飼いでOK。大人しい性格で、手をかければかけるほどなつくため、引き取る際には寂しそうな顔をする利用者も多いという。

「一番気にかけているのは健康管理ですが、慣れない環境への順応も早いですね。何かあればすぐに連絡してもらったり、長期の貸出先には時々様子を見に行ったりしていますが、大好物の草が広がっている所ばかりなので、どこに行っても幸せそうに暮らしています」

 期間は1日から1週間、年間と様々で、料金は運搬費と支援金のみ。1日あたり100円程度で、年間でも3万円で貸し出している。地域の幼稚園にも1日限定で貸し出したほか、JR 高架下や九州電力のダム周辺の除草にもヤギたちが貢献している。

「もともと初めから、冬場のえさ代が出たらいいなくらいにしか思っていなかったので、こんなに反響があるとは思いませんでした。草が生えない冬場は貸出先でえさ代が発生してしまうのでレンタル予約状況も落ち着くと思いますが、来年も要望があれば続けていきたいですね」

 ちなみに1頭では寂しがるため、レンタルは2頭以上から受け付けている。

#問い合わせ#レンタル

関連リンク

【写真】「可愛すぎて可愛すぎて」1時間で予約埋まる“マイクロブタカフェ”
【画像】『“いちご大福になろうとした”ハムスター、「いちごの妖精では」「なんともおいしそう」と反響
【画像】「誰だ、家の中に食パンを落としたのは?」コーギーのおしりに反響、飼い主さん「閉めたいのに、閉められない…」
【写真】“添い寝”に“壁ドン”、仲良しすぎるフクロモモンガ夫婦に「愛が激しい」「刺激的」
【育児衝撃画像】飼い猫に“道を教える”息子”さんがかわいすぎる

カテゴリ

その他

記事URL

https://www.oricon.co.jp/special/57723/?anc=238

< >

Page Top