丸山隆平、芸能記者役に挑戦

#三浦大輔#恒松祐里#シンプル

エンタメNEWS2024年3月31日1:56 PM

『ハザカイキ』プレスコール・囲み取材に出席した丸山隆平 (C)ORICON NewS inc.

 5人組グループ・SUPER EIGHTの丸山隆平と俳優の勝地涼が3月31日、東京・THEATER MILANO-Zaで行われた舞台『ハザカイキ』プレスコール・囲み取材に出席。丸山が、芸能記者を演じる心境を語った。

【写真】『ハザカイキ』プレスコールでさまざまな表情を見せる丸山隆平、勝地涼らキャスト

 三浦大輔氏演出・脚本による3年ぶりの新作となる今作で描かれるのは“時代の価値観の変容に踊らされる人々”。芸能界を舞台に、マスコミとタレントという特殊な関係の中、現代に振り回されながら葛藤し続ける人間たちの揺らぎを、三浦氏独自の視点で浮き彫りにする会話劇となっている。リアルで繊細な人物造形と人間関係、湿度と温度を感じさせる会話など三浦氏の真髄はそのままに、よりシンプルに力強くエンターテインメントに昇華させる。

 スクープを追う芸能記者・菅原裕一を演じる丸山は、報道陣の前に立つと「こっち(取材を受ける側)の方がしっくりしますね」と照れ笑い。「どういうことを書かれているんだろうな」と見わたし「どういう思いでいろんな情報を集めているのか考えたことがなかったので観察しがいのある職業だなって感じました。怖いイメージだったんですが、記者の方も生活や家庭があるんだなと、そういうことも考えられました」と演じた心境を明かした。

 一方、親友役を演じた勝地は「僕もいろいろありましたから」と自虐。「昔、つけめん屋さんから、かっこつけて出てくるところを撮られました。後から聞くと、(記者が追っていたものが)空振りで、ご飯食べに行こうと思ったら、(勝地がつけめん屋から)出てきたそうです。誰が読んで面白いのと思いながら、それも含めて有名になっていくのもあるから、撮られるのもうれしいことでもあるので、複雑」と心境を吐露した。

 勝地のエピソードを聞いた丸山は「注目されてなければ撮られない、撮られなくなったら終わりでもあるし、撮られても終わりでもある」と共感。勝地は「俺は撮られたいです」と宣言しつつ、「でも、簡単に撮れると思わないでください」とおどけて場を和ませた。

 同公演は、きょう31日から4月22日までTHEATER MILANO-Zaオープニングシリーズのラストを飾る演目として上演される。

 囲み取材には、恒松祐里、三浦氏も登壇した。

#三浦大輔#恒松祐里#シンプル

関連リンク

【写真】『ハザカイキ』カメラを構えた丸山隆平の印象的な姿
【写真】ベースで特別セッション!コラボネタも披露した丸山隆平
【動画】「THE FIRST TAKE」初登場でズッコケ男道を披露したSUPER EIGHT
【写真】シックなジャケット姿で「THE FIRST TAKE」再登場を果たしたSUPER EIGHT
【動画】SUPER EIGHT、改名後初の『Mステ』で新“クチビルくん”公開 「おかえりっー!」「歯の矯正されてるw」

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2320738/full/?anc=270

< >

Page Top