乃木坂46、4年ぶり東京ドーム公演

#グループ#かたつむり#東京ドーム#コンパス#乃木坂46

エンタメNEWS2021年11月22日12:15 AM

4年ぶりに東京ドーム公演を開催した乃木坂46

 アイドルグループ・乃木坂46が21日、東京ドームで全国ツアー『乃木坂46「真夏の全国ツアー2021」』(5ヶ所10公演)最終公演を開催した。乃木坂46の東京ドーム公演は、2017年11月以来4年ぶり。本来は9月8・9日に開催予定だったが、コロナ禍で延期となり、2ヶ月半越しに“真夏のツアー”ファイナルを迎え、本公演をもって1期生の高山一実(27)が卒業した。

【ライブ写真18点】乃木坂46が4年ぶりの東京ドームで躍動

 グループカラーの紫のペンライトの光が踊るなか、4年ぶりの東京ドーム公演がスタート。セットリストとはツアー開催前に実施されたリクエスト投票の結果をもとに、表題曲、アンダー曲、ユニット&ソロ曲、カップリング曲の各カテゴリーでTOP10に入った楽曲を中心に構成された。発声が禁じられた観客にはスティックバルーンが用意され、MCでメンバーが客席に問いかけると、紫色のバルーンが割れんばかりの音が響き渡った。

 ユニット&ソロ曲1位の「ファンタスティック3色パン」は1期生の齋藤飛鳥と3期生の梅澤美波、山下美月の映画『映像研には手を出すな!』トリオでキュートに披露。カップリング曲1位の「ひと夏の長さより…」では、本公演をもってグループを卒業する高山へのメッセージボードが映し出され、生田は「一実愛してる by イクオ」、与田祐希は「食べられたい」と個性あふれるメッセージを送った。

 アンダー曲1位の北野日奈子センター曲「日常」ではドームが青一色に染まり、表題曲1位の「裸足でSummer」では気球に乗ったセンターの齋藤が「みんなここだよー! 上の方ほうまでしっかり見ますよー」とスタンドに呼びかけ、ファンはそれぞれの推しタオルを掲げてアピールした。

 MCでは高山との思い出を語るパートも。同期の齋藤は「ずー(高山の愛称)との大切な思い出、お涙ちょうだいかもしれないけど…」と前フリを入れると、「一番の思い出は、ずーとのごはんの約束をドタキャンしたことです」と、いたずらっぽい笑顔。生田もこのときにドタキャンされていたといい「ちょっと飛鳥!なんで私にはあやまらないの?」とクレームを入れ、「2人で行かないでね」と3人で行く約束。人のいい高山が「皆さんも一緒にごはんいきましょうね」と客席に語りかけ、ファンがバルーンを叩いて喜ぶと、メンバーは「なんでもかんでも言っちゃだめよ」と釘を差し、笑いを誘っていた。

 期別パートでは4期生が「I see…」、3期生が「トキトキメキメキ」の人気曲を歌い、2期生の「アナスターシャ」から、1期生「失いたくないから」への流れで涙腺を緩ませた。

 ラストスパートを前に、3期生の梅澤美波、与田祐希、山下美月、4期生の賀喜遥香、遠藤さくらが決意表明。本公演をもって高山が卒業し、今年いっぱいで生田絵梨花、来年1月末予定で新内眞衣と1・2期生の卒業が相次ぐだけに、3・4期生にかかる期待とプレッシャーも大きい。山下は「結成から10年。私はその歴史の半分しか知りません。ゼロから立ち上げ、成長し続け、こんなにもたくさんの方々に愛されるグループを作り上げた先輩方には尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。この歴史を私たちが終わらせるわけにいきません。乃木坂46は私たちが守り続けます」と力強く宣言した。

 これを受け、1期生でキャプテンの秋元真夏は「10年という月日が経ち、乃木坂46は変化の時を迎えています。新しい時代を創るのは、ここにいる若い後輩たちです。未来の可能性を持った後輩たちと乃木坂を一緒に育てて、そして、成長していきたいと思います。乃木坂46をこれからもよろしくお願いします」とあいさつした。

 続けて「10年の感謝を込めてこの曲を贈りたいと思います。『きっかけ』」と曲紹介。センターステージで円陣を組み、「せーの! 努力、感謝、笑顔、うちらは乃木坂上り坂46!」とメンバーの掛け声が響き渡り、ドームが紫一色に染まるなか、久保史緒里と生田が定評のある歌唱力を響かせて感動を誘った。さらに、東京ドームならではの演出として気球5機が乱れ飛ぶなか、山下の煽りから「ガールズルール」などを披露し、本編ラストは10周年記念曲としてプロデューサーの秋元康氏が書き下ろした「他人のそら似」で締めた。

 キャプテンの秋元は4年前の東京ドーム公演を振り返り、「4年前は、東京ドームという存在の大きさに“どうしたらいいんだろう”と、少し怖くなってしまう部分があって、終わったあとに“必ずリベンジをしたい”と願っていました」と胸中を吐露。「こうして4年経った今、リベンジができて、しっかり皆さんの顔を見ながらライブができていることをうれしく思います。それもすべて皆さんのおかげです。本当に本当に今までありがとうございました」とファンに感謝を伝え、メンバー38人全員で深々と一礼した。

 来年5月14・15日には、国内最大級の7万人以上を収容する日産スタジアムでデビュー10周年を記念した『10th YEAR BIRTHDAY LIVE』を行う。

■『乃木坂46「真夏の全国ツアー2021 FINAL!」』セットリスト
OVERTURE
01. ごめんねFingers crossed
02. ジコチューで行こう!
03. 太陽ノック
04. おいでシャンプー
05. シンクロニシティ
【ランキングブロック】
06. ファンタスティック3色パン
07. せっかちなかたつむり
08. 錆びたコンパス
09. ひと夏の長さより…
10. ありがちな恋愛
11. 日常
12. 裸足でSummer
13. 全部 夢のまま
【期別ブロック】
14. I see…/4期生
15. トキトキメキメキ/3期生
16. アナスターシャ/2期生
17. 失いたくないから/1期生
【魅了ブロック】
18. Route 246
19. 僕は僕を好きになる
20. インフルエンサー
21. きっかけ
22. Sing Out!
23. 夏のFree&Easy
24.ガールズルール
25. 君に叱られた
26. 他人のそら似
【アンコール】
EN1. 私の色/高山一実
EN2. サヨナラの意味
EN3. 偶然を言い訳にして
EN4. 君の名は希望
EN5. 泣いたっていいじゃないか?

#乃木坂46#コンパス#東京ドーム#かたつむり#グループ

関連リンク

【貴重写真】2011年8月21日、乃木坂46が誕生した日 ソロショットも
【ライブ写真6点】特大ケーキで乃木坂46結成10周年をお祝い
乃木坂46生田絵梨花、10周年を祝うバースデー曲独唱で喝采浴びる「ここ帝劇じゃない」
【写真集カット】歴代最高!触れたくなる生田絵梨花“ふわふわ”ボディ(全111枚)
【写真】美ボディにドキッ! ショーパンからくびれまで…齋藤飛鳥の厳選60枚

カテゴリ

音楽

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2214743/full/?anc=015

< >

Page Top