京本大我ら困惑…“怪事件”

#伊集院光#石井亮次#八木莉可子#劇団ひとり#ニューヨーク

エンタメNEWS2024年3月26日1:00 PM

『THEワールドワイドショー 世界の毒女SP』に出演する(左から)京本大我(SixTONES)、伊集院光、野々村友紀子、石井亮次、大久保佳代子(オアシズ)、劇団ひとり、芝大輔(モグライダー)、八木莉可子 (C)カンテレ

 タレントの劇団ひとりと石井亮次がMCを務めるカンテレ・フジテレビ系バラエティー『THEワールドワイドショー 世界の毒女SP』が26日午後9時から放送。伊集院光、大久保佳代子(オアシズ)、京本大我(SixTONES)、芝大輔(モグライダー)、野々村友紀子、八木莉可子がパネラーとして参加する。

 昨年10月にカンテレ(関西ローカル)で放送された第1弾では、【世界で起きていたケタ違いの炎上騒動】をテーマに、敏腕リサーチャーたちが“我が生涯最高”のリサーチをプレゼン。今回の第2弾では【世界の毒女】をテーマに、毒女たちが巻き起こした“あしき事態”を全国ネットで、さらにパワーアップして紹介する。

 平成の世を震撼(しんかん)させた毒女界の女王・木嶋佳苗。彼女を“猟奇性”“巧妙度”“演技力”“ミステリー度”“被害額”の5つのカテゴリーに分け、その各項目を超えた「世界の詐欺毒女」を紹介する。

 まず紹介するのは、木嶋を“演技力”で超える“詐欺毒女”。田舎のごく平凡な家庭で育ったこの毒女は、とにかく田舎を出て有名になりたいと、ニューヨークへ渡りとんでもない行動に出る。それは、“セレブ令嬢になりきり、エリートたちをだましまくって膨大なお金を得ること”。なぜそんなにもお金が必要だったのか。

 彼女の目的を知った劇団ひとりは「だまされた人がいるからこんなこと言っちゃいけないかもしれないけど、ドラマみたいでちょっとかっこよくも見えちゃう。絶対ダメだけど、何十人でやったりする詐欺を一人でやって、ここまで立ち振る舞ったのは、使い道を間違えてるけど、頭は相当切れる人だと思う」と、毒女を貫き通す姿勢に圧倒された様子。ひとりにここまで言わしめた毒女の目的とは一体…。

 次に紹介するのは、木嶋を“猟奇性”で超える“詐欺毒女”。一見普通の母親のような毒女。その正体は、健康体の娘を“重度の障がい者”だと、18年にもわたって洗脳し続けた毒親だった。なぜわが子にそんなことをしたのか。彼女の目的とは一体…。毒女の衝撃の結末に、八木は「考えていたコメントが全て吹き飛んでしまった」と非常に驚いた様子。毒女が迎えた衝撃の結末とは。

 さらに、全米で話題だが日本ではまだまだ知名度の低い“最恐ミステリー毒女”のリサーチが披露される。とんでもない事態に、京本は「自分は何に巻き込まれてるんだろう?」と困惑する。 ミステリーだらけの怪事件の真相とは。

 収録後にひとりは「テレビでの放送ギリギリの内容なんじゃないかっていうのは、ウソじゃなかった」と振り返り、石井も「何かしながら見られる番組じゃなくて、テレビ画面にいつもよりぐっと近づいて見てしまうような内容になってると思います」と真剣に語った。

#伊集院光#大久保佳代子#ニューヨーク#劇団ひとり#モグライダー

関連リンク

【写真】『ニュージーズ』で主演を務めた京本大我がゲストとして登場
【写真】“美声王子”京本大我とロマンチック七夕デート
【写真】“お迎え”にきた渋谷くん(京本大我)
【写真】紫スーツ×黒シャツを着こなした京本大我
【写真】美しい横顔!クールなロボットデザイナーを演じる京本大我

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2320031/full/?anc=096

< >

Page Top