健介&晶、初舞台あいさつに感激

#柴田理恵#佐々木健介#天海祐希#佐々木健#100%

エンタメNEWS2021年11月10日2:38 PM

舞台あいさつへの登壇が初めてだと明かした(左から)北斗晶、佐々木健介 (C)ORICON NewS inc.

 夫婦でタレント活動をしている佐々木健介(55)、北斗晶(54)が10日、都内で実施された映画『老後の資金がありません!』(公開中)の大ヒット御礼舞台あいさつに登壇。同作で映画初出演を飾った健介&晶夫妻は、舞台あいさつに登壇するのも初めて。「俳優の皆さんです」と紹介されて「僕ら違いますと二人で言い合っていました」と話した。

【動画】柴田理恵&北斗晶と井戸端会議のような面白トークをした天海祐希

 今回の出演オファーに「ドッキリかと思った」という健介は「いまも興奮しています」。晶は「私生活と対して変わらなかった」という役どころながら「ちょい役だと思っていたら大間違い、大役ですよ! せりふまでいただいているんですからね。何度も何度もせりふの練習をして、寝言でも言っていたね」と、初映画出演を振り返った。

 映画は、子育ても落ち着き、老後は安泰のはずだったのに…、親の葬式、子どもの派手婚、夫の失職、セレブ姑との同居…あらゆるお金の災難に、普通の主婦が悩みもがきながらも奮闘する物語。主人公の後藤篤子を天海祐希(54)が演じる。

 篤子の娘の結婚相手の両親で、「マツ金ギョーザ」というチェーン店を立ち上げた実業家夫婦を演じた2人は、SNSで「あの餃子どこで売っているんですか?」といった反響を受けて、同じく登壇した天海や柴田理恵(62)から、「餃子出せばいいのに」と“出店”を勧められるひと幕も。また、さらにクライマックスで「ふたりの愛ランド」を歌うシーンがあり、その練習のため、2人だけで初めてカラオケボックスに行って猛練習したことも明かした。

 北斗は「結婚25周年を迎えた節目に映画出演なんて、すごくいい思い出になるだろうって。この映画に出させていただいたからこそ、初めての経験がたくさんできた」と、うれしそうに語り、カラオケボックスのドリンクバーやリモコンの使い方がわからなくて戸惑ったエピソードなどを披露して笑いを誘った。

 本作の影響を受けて、エンディングノートを購入したことも明かし、「面白いんですよ。葬式に来てほしい人、来てほしくない人を書くページがあって。それに私たちの葬式もやんなくていいよって、隣の街にいくと1万円で燃やしてくれるからと、息子たちに伝えた」と、老後の生き方について夫婦で、また家族で考えるきっかけになったと話していた。

#天海祐希#あいさつ#佐々木健介#佐々木健#柴田理恵

関連リンク

【全身ショット】弾ける笑顔!北斗晶&佐々木健介夫妻
【動画】天海祐希×氷川きよし サンバ調のリズムに乗せて”映画版スペシャルPV”
【集合ショット】天海祐希&松重豊&新川優愛&草笛光子 世代を超えてハッピーな笑顔!
【写真】天海祐希、肩出しワンピで抜群のスタイル披露
【写真】ドキッ…色気あふれる大人の”新境地”を披露した新川優愛

カテゴリ

映画

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2213249/full/?anc=014

< >

Page Top