劇団ひとり『24時間』SPドラマ監督

#浅野忠信#劇団ひとり#無言館#画学生#浅草キッド

エンタメNEWS2022年7月25日5:00 AM

『24時間テレビ45』のスペシャルドラマ『無言館』で監督・脚本を担当する劇団ひとり(C)日本テレビ

 マルチに活躍するお笑い芸人・劇団ひとりが、日本テレビ系『24時間テレビ45』(8月27日・28日)のスペシャルドラマ『無言館』(8月27日 後9:00頃~)で監督・脚本を務めることが発表された。ひとりが地上波ドラマで監督と脚本を兼任するのは初めてで、主演・浅野忠信とのタッグで、戦没画学生をめぐる実話をもとに本格ヒューマンストーリーを届ける。

【写真】劇団ひとり監督の演出風景や浅野忠信の演技シーン

 今年の『24時間テレビ』のSPドラマは、ひとり×浅野による『無言館』に決定した。ひとりが監督と脚本を手がけるのは、映画『青天の霹靂』(2014年)、『浅草キッド』(2021年)に続き3作目となり、地上波では初となる。

 描くのは、太平洋戦争の最中に「あと10分、あと5分でいいから描かせてくれ…」と、出征する直前まで絵を描き続けた画学生(※当時、美術学校で絵を学んでいた学生)をめぐるストーリー。「生きて帰ってこられないかもしれない」という中で、画学生たちは故郷の畦道、夢に描いた家族団らんのひと時、愛する女性など、驚くほど穏やかな絵ばかりを遺した。

 浅野演じる主人公・窪島誠一郎(くぼしま・せいいちろう)は、そんな戦没画学生の絵を展示する美術館「無言館」の設立を目指し、絵を集めるために全国各地の遺族のもとを駆け巡る。建設費の問題や、遺族からの非難など、多くの壁にぶつかり、「金儲けばかりで、戦争のことなんて何も考えなかった俺がこんなことしていていいのか…?」と自問自答しながら、困難と葛藤を乗り越えた先に感動の奇跡が待っていた――。

 題材となる「無言館」は、長野県上田市に実在する美術館。実際に、窪島誠一郎氏が集めた戦没画学生たちの絵が展示されており、後世に向けて戦争を語り継ぐ場所となっている。

 ひとりは「まだまだ撮影は序盤ですが、名優たちの人間味あふれる芝居に魅せられる毎日です。ただうなずくだけで、ただ見つめるだけで、なんとまぁ絵になることか。この感動を皆さんと共有できる日を楽しみにしております」と手応え十分。浅野は「劇団ひとり監督と仕事ができるのが本当にうれしいです。監督はとても熱心に芝居を見てくれて色んな可能性を演出してくれるので演じていて面白いです。いつの時代も芸術が人々の心を動かすだけでなく、人生そのものに強い影響をもたらしていたことがわかる内容にも強く感動しています」と語っている。

■『24時間テレビ45』宮崎慶洋プロデューサー コメント
「無言館」に飾られている作品、戦没画学生が家族や恋人を描いた絵からは、愛する人に「会いたい!」という無言のメッセージを感じました。2022年は世界中の人々が改めて平和を意識した年。当たり前のように過ごしている日常がとても幸せであることが 、このドラマを通じて伝わったら嬉しいです。浅野忠信さん演じる無言館の館長は、戦没者の遺族を訪ね、大切な絵を預かり美術館を開いた型破りな人物。この唯一無二の主人公を、劇団ひとり監督が描いたら一体どんなドラマが生まれるのか?今からとても楽しみです。

#浅草キッド#画学生#劇団ひとり#無言館#浅野忠信

関連リンク

【写真】初々しい…見つめ合いラブラブの劇団ひとり&大沢あかね夫妻
【写真】新色も!全5色の『24時間テレビ45』チャリTシャツ
【写真あり】(笑)…サングラス姿を公開した劇団ひとり
【写真】会見に不在の“中丸愛”をみせた二宮和也&山田涼介&菊池風磨
【写真】第1子出産後…ママになってもスラリ体型の大沢あかね

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2243381/full/?anc=271

< >

Page Top