反町隆史『GTO』台本は手直し12回

#クルーズ#八木莉可子#畑芽育#マーヴェリック#小手伸也

エンタメNEWS2024年3月26日5:00 PM

反町隆史(写真:▼忠之 ※▼=さんずいに首)

 1998年の夏に放送された俳優・反町隆史主演の連続ドラマ『GTO』が26年ぶりに復活し、カンテレ・フジテレビ開局65周年特別ドラマ『GTOリバイバル』として4月1日に放送される。それを前に反町が合同取材会に出席し、四半世紀以上の時を経て同作が復活を果たすことや、主人公・鬼塚英吉を再び演じることへの率直な思いを語った。

【画像】反町隆史&松嶋菜々子夫妻を真ん中に…『GTOリバイバル』の貴重オフショット

 『GTO』は、藤沢とおる氏による同名漫画が原作で、元暴走族の高校教師・鬼塚英吉が、破天荒な行動で生徒や学校の問題に体当たりでぶつかっていく学園ドラマ。立場や損得とは無縁の教師・鬼塚が、本音をぶつけ合い、命がけで生徒に向き合うことで、社会の裏側にくすぶっている問題を解決していく。『GTOリバイバル』でも、かつてグレート・ティーチャーと呼ばれた鬼塚が問題だらけの高校に教師として赴任し、悩みを抱えた令和の高校生たちに鬼塚流の熱血授業を繰り広げる。

 今回反町演じる鬼塚が赴任するのは、私立相徳学院高校。この高校で問題となっているのは、フォロワーが200万人近くいる暴露系インフルエンサー“裁ノカ笑”。有名人も一般人も関係なく、どんなネタでも詮索&拡散して炎上させており、これまでに相徳学院の教師や生徒が何人も晒されてきた。あまりに狙われるため、校内に“裁ノカ笑”にふんする犯人がいるのではないかとのうわさもあり、生徒たちは日々互いの顔色を伺い、疑心暗鬼になりながら学校生活を送っている。相徳学院で働く教師や、鬼塚が関わるクラスの生徒、そしてその保護者などを演じる本作のキャストとして、俳優の岡崎紗絵、小手伸也、八木莉可子、畑芽育、日向亘、鈴木浩介が出演する。

■「久しぶりにどうですか」反町が“逆オファー”した理由

 『GTO』復活のオファーはこれまで何度かあったが、反町の心の中では「過去の作品をまた作るのは、俳優としてどうなんだろう。もっと違う、新しいものをやりたい」と葛藤があったという。その思いを抱える中で同作主題歌「POISON〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜」の歌詞を見直した際に「今の時代に置き換えた時にどうなんだろう」「もしかして今の時代でも通用するのかな」と思いがふつふつと湧いてきた。

 それに加えて反町の心境に変化をもたらしたのが、映画『トップガン マーヴェリック』で主演を務めた米国の俳優、トム・クルーズの存在だった。「いろんな代表作がある中で『なんでこの作品を今復活させたのかな』って思ったんです。ただ作品を通して俳優としてのトム・クルーズの生き様に共感できた。すごいことだなって。僕は過去に『GTO』を(再び)やりませんかという時に『今はちょっと』って言いましたが、『今ならできるな』という思いにつながった」と心境の変化を明かした。

 「“できるな”っていうのは『何かを訴えたいな、何かを伝えたいな』とか、“何か”がなかったらできない。ただ演じるということではなく。そういう時に自分なりに鬼塚英吉を(通じて)今だったら話せることがあるのかなって。そこでもきっかけが一つあった」とし、「久しぶりにどうですか?」と制作陣に逆オファーした。

■教頭役の小手伸也にまさかのお願い「クズって言ってもらって…」

 「今だったらできる」。そう思わせたのは社会で起こるさまざまなニュースだった。「これはないよ」と憤るものも少なくない。生徒と本音をぶつけ合い、命がけで向き合う鬼塚英吉の愛情表現について、反町は「時代が令和になってもそこは大事なところ。そこを出したいというのがあった」と狙いを語る。

 1998年の『GTO』では、中尾彬演じる武蔵野聖林学苑の内山田ひろし教頭が生徒に対し「お前はクズだ」と言い放ち、その言葉にキレた鬼塚が回し蹴りをする有名なシーンがある。それにならい、本作でも相徳学院の教頭・富士山田剛司を演じる小手伸也に“あるお願い”をしたという。

 「『クズって言ってもらっていいですか?』って。(小手からは)『えっ!』て言われたので『実は…』と説明した。本作で鬼塚は何が正しいかは分からないけど、「クズ」という言葉に反応したい。『当時の鬼塚のままでいたいんです』って(小手に)言ったら快く引き受けてくれ、『クズ』というせりふを言ってくださった。そうやって鬼塚自身はあの頃から“何も変わってない”というのを表現しています」とし、二文字のせりふにもこだわりを見せた。

■自然体で臨んだ撮影、26年前と「変わらない自分がいた」

 26年ぶりの復活となる『GTO』。台本づくりにも妥協は許さなかった。反町は「実は決定稿になるまでに、準備稿(の手直し)が12回もあった。プロデューサーも制作陣も、脚本家も僕自身も、『いい形でやりたい』っていうのがあるのでそこまでいった」と明かす。また、制作スタッフも当時とは違うメンバーのため、意識のすり合わせを心がけた。

 98年の『GTO』を知る人たちに新しいものを提示するのではなく、「これが『GTO』だよね。これが言いたいんだよね」と“変わらない姿”を届けることを念頭に置いた。あの頃の鬼塚を知る視聴者に対し「裏切りが無いような形で演じたいし、そういうものを作りたいっていうのが正直なところでした」と本心を語った。

 役作りの一環で当時の映像を見返すことで、「台本の言葉などが自分自身に染み込んでくる感覚が徐々にあった」という。多少の微調整は必要だったものの「現場に立ったときは普通に『あ、この感じだな』というのがあった。無理するのではなく、26年前と変わらない自分がいた」と違和感なく自然体で演じることができた。

 熱血的な指導で多くの生徒を救ってきた鬼塚。本作では50歳になったが、情熱は失っていない。「全てにおいてとにかく熱く演じる、熱くやるっていうのが『GTO』だと思う。そのエネルギーが、見ている人に伝わって『この瞬間っていいな』って思ってもらえれば」と願った。

■小栗旬&窪塚洋介ら98年『GTO』メンバーとLINEグループも

 本作では98年版『GTO』に出演していた池内博之、山崎裕太、窪塚洋介、徳山秀典、小栗旬、藤木直人が“一夜限り”で再集結する。かつての鬼塚の教え子である村井国雄(池内)、渡辺マサル(山崎)、菊池善人(窪塚)、依田ケンジ(徳山)、吉川のぼる(小栗)をそれぞれ演じ、鬼塚の親友・冴島龍二(藤木)も含め、彼らの意外な26年後の姿も注目となる。

 当時のメンバーたちとの再会に、余計な会話は不要だった。居酒屋のシーンでみんなと集まった際は「しゃべらなくても当時の雰囲気をすごく感じました。特に男同士だし、余計な会話もあるわけではないですが、『ああ、懐かしいな』っていうのを皆さん感じていたと思います」としみじみ語った。

 生徒役だった小栗、窪塚、池内、山崎とLINEグループを作ったそうで、「池内くんは当時のスケジュール表を送ってきて『なんでこんなの持ってるの?』って(笑)。僕が一番うれしかったのはその部分。『それだけみんなが大事にしてくれたんだな』という印象が強かったです。みんなが『GTO』という作品に対して愛情も思い出も全部背負いながら、この26年間いてくれたんだなというところうれしかった」と笑みをこぼした。

■『GTO』の醍醐味語る「他の作品ではできないこと」

 反町は24歳の時に『GTO』の主演を務めた。その後も『相棒』シリーズ(テレビ朝日系)、『オールドルーキー』(TBS系)、『グレイトギフト』(テレビ朝日系)など多くの有名作品に出演し、50歳となった現在も俳優として第一線で活躍しているが、『GTO』で演じる教師・鬼塚英吉は他の作品の役とは少し立ち位置が異なるという。

 「鬼塚英吉は生徒を救うために教師になっている。『あいつらはみんな苦しい思いをしてる。誰かが手を差し伸ばしてやらねえとかわいそうだからよ』とか『その時できた傷は、その時に治してやんねえと。大人になってからそれを背負っちゃダメなんだよ』っていう鬼塚のせりふがありますが、まさしくその通りだと思う。この鬼塚という役を通じて、令和の子どもたちがいろいろ悩んでることを、せりふ、態度、行動で少しでも救うことができたのなら、俳優としてすごくうれしいこと。他の作品ではできないことですよね」と、熱血教師・鬼塚英吉を演じることの醍醐味を語った。

#反町隆史#鈴木浩介#小手伸也#八木莉可子#マーヴェリック

関連リンク

【試読】「GTO」の電子書籍
【全身ショット】26年たってもスタイル抜群!客室乗務員姿の松嶋菜々子
【画像】懐かしの出演者から新キャストまで…『GTOリバイバル』相関図
【画像】カッコよすぎる…!ついに解禁された『GTOリバイバル』のポスタービジュアル
【画像】懐かしのメンバーが再集結!『GTOリバイバル』に出演する藤木直人&窪塚洋介&小栗旬ら

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2320080/full/?anc=247

< >

Page Top