古田新太、頭部をぶつけ50針ぬう

#ケラリーノ・サンドロヴィッチ#古田新太#100%#いのうえひでのり#三谷幸喜

エンタメNEWS2024年3月29日6:36 PM

頭部をぶつけ50針ぬったことを明かした古田新太 (C)ORICON NewS inc.

 日本の文化・芸能の保存、向上に寄与した人物を表彰する『第45回松尾芸能賞』の贈呈式が29日、都内で行われた。俳優の古田新太(58)が優秀賞を受賞した。


【動画】古田新太、ケガの状況を説明し謝罪する

 壇上のスピーチで古田は「まず、このような席で帽子をかぶってることを申し訳なく思っております。実は10日前、家で酔っぱらってすっ転びまして。コンロに頭をぶつけまして、ここ(頭)を50針ぬっております」とぶっちゃけて会場には驚きの声が。「その頭でここに立つのはどうかなと思ったんですけども、せっかく呼ばれたんで来ました。すいません、申し訳ございません。帽子被ってることをお許しくださいませ」と謝罪した。

 続けて「僕は『劇団★新感線』という、今でこそ小劇場とかインディーズとかと言われてますけども、もともとアングラ劇団の人間です。ずっと小っ恥ずかしい芝居ばかりやってきてまして、もうすぐ60歳になろうとしてますけども、これからもまだまだ小っ恥ずかしい芝居をやっていこうと思っております」と宣言。「これで褒められるもんだから、もうちょっとやってていいんだなと思っております。よければまた褒めてください」とらしく結んでいた。

 古田は取材にも登場。「筋肉もぬわなきゃいけなくて」と50針という数字になった理由を説明しながら「もう酒も飲んでます」と豪快に笑う。さらに詳細について「家で血みどろになって、カミさんがパニックになった。娘は『お母さん、落ち着いて。救急車と、あとバスタオル』とものすごく冷静だった。頼りになるな、と。これ、1人暮らしなら死んでいた(笑)」と冗談交じりにトークしていた。

 古田の受賞理由は「『劇団★新感線』の看板役者として約40年もの活躍を続けてきた他、外部の舞台出演や映画、テレビでも多様な役を演じ続けている。『五右衛門ロック』『髑髏城の七人』『薔薇とサムライ』といった『劇団★新感線』の長年に渡る人気シリーズでは主演を続け、ひょうひょうとしてコミカルキャラクターからは想像もつかないシャープな殺陣を見せてきた。直近の舞台『天號星』(2023年)でも、その魅力は健在である。蜷川幸雄、野田秀樹、松尾スズキ、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、三谷幸喜、そしてもちろん『劇団★新感線』座付きの いのうえひでのりなど演劇界を代表する演出家・脚本家たちからの信頼も厚い。彼らが手がけた舞台への出演も当然多く、演劇史に残る名作から弾けるようなエンターテイメントまで多彩な役を演じてきた。気さく善人から底知れない悪役までこなす演技の幅広さで、映画やテレビ出演も数えきれないほど。得難い俳優である」といった内容だった。

 また、続く優秀賞の受賞者だった米川文清も足の剥離骨折を明かし、再びどよめきが起きていた。

■『第45回松尾芸能賞』
【大賞】中村時蔵(演劇)
【優秀賞】豊竹呂勢太夫(文楽)、古田新太(演劇)、米川文清(邦楽)、佐藤B作(演劇)
【新人賞】中村児太郎(演劇)
【特別賞】由紀さおり(歌謡)
【功労賞】林与一(演劇)

#佐藤B作#松尾スズキ#いのうえひでのり#三谷幸喜#ケラリーノ・サンドロヴィッチ

関連リンク

【集合ショット】古田新太、由紀さおりら『第45回松尾芸能賞』各賞受賞者が勢ぞろい
【写真】6月に初代中村萬壽を襲名する中村時蔵 由来は日本酒ではなく「平安時代の元号」
【写真】共演の佐藤B作「ほんんど来ていない」と暴露されたふぉ〜ゆ〜辰巳 多忙でけいこ場に中々行けず
【鎌倉殿の13人】佐藤B作、“13人”の一人・三浦義澄役で5回目の大河 山本耕史と親子役
【写真】『ふてほど』古田新太の若い頃?同じ位置にホクロのある”大物ゲスト”

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2320327/full/?anc=181

< >

Page Top