国枝、年間グランドスラムに意欲

#松岡修造#ウィンブルドン#グランドスラム#パラリンピック

エンタメNEWS2022年7月21日10:28 AM

年間グランドスラムに意欲を見せた国枝慎吾 (C)ORICON NewS inc.

 東京パラリンピック金メダリストで、10日に開催されたウィンブルドンの車いすテニス男子シングルスで初優勝した国枝慎吾(38)が21日、都内で行われた『スポGOMI×UNIQLO』ユニクロ浅草店にゲストとして参加した。

【写真】笑顔でガッツポーズを掲げる国枝慎吾

 テニスの4大大会と、パラリンピックを制覇する「生涯ゴールデンスラム」の偉業を達成したばかりの国枝は「余韻は今も感じています。それだけ、ウィンブルドンに懸ける思いは強かったですし、自分自身なかなか取れなかったタイトル。今年はパラリンピックが終わってから、すごく調子がいい中でウィンブルドンを迎えた。取るなら今年しかない、ラストチャンスな思いで戦った。メンタルも研ぎ澄まされましたし、それがああいった大逆転につながったかな」と振り返った。

 ウィンブルドンを制覇する前までに、通算27回の4大大会のタイトル(全豪11回、全仏8回、全米8回)を獲得しているが今回の反響は「今までのグランドスラム以上のお祝いをいただいた」だったそう。「僕自身も昨年のパラリンピックと同じぐらいの余韻に浸っているところ。今回の優勝は大きいですね」と喜んでいた。「すべてコンプリートできたのは気持ちがいいですね。残された1つっていうのは気持ちが悪い感じがした。ホッとしてます。達成感がスゴく強いですね」としみじみ。

 今年行われた4大大会のうち3つを制覇し、残るは全米のみ。「なかなかこういったチャンスもない。その年の中で、4大大会の3つ連続で取るのはなかなかないこと。どうせだったら最後の全米オープンまで制して年間グランドスラムと行きたいですね」と目標を見据えていた。

 “スポーツで街をキレイにする”が合い言葉でゴミ拾いを競技化した日本発祥のスポーツの『スポGOMI』。国枝は「初めての参加でしたけど、こうして街を楽しみながらキレイにするのはいいのかなと思う。街をキレイにすることで自分自身の心も洗われるという気持ちになりましたね」と笑顔を見せた。

#松岡修造#パラリンピック#ウィンブルドン#グランドスラム

関連リンク

【写真あり】香取慎吾“W慎吾2ショット”で国枝慎吾選手を祝福
【動画】信頼する妻の支えも…国枝選手と松岡修造の貴重な対談
【写真】家入レオ、国枝選手と初対面でイメージ変わる?「すごくステキでにこやかです」
松岡修造、恋愛遍歴に赤面「一緒のベッドで寝られない」
【動画】熱血キャラ封印? 松岡修造がKiroroの名曲をハートフルボイスで披露

カテゴリ

その他

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2242896/full/?anc=181

< >

Page Top