堀江貴文、温泉ぶっかけフェス開催

#FISHBOY#ダイノジ#SHOW#ピース#マーク

エンタメNEWS2024年5月17日2:11 PM

「非常にサステナブルなイベント」だと語った堀江貴文(C)ORICON NewS inc.

 実業家の堀江貴文氏が17日、都内で行われた『別府温泉ぶっかけフェス』記者会見に登壇した。

【写真】別府で音楽フェス開催!意気込みを語った堀江貴文


 『別府温泉ぶっかけフェス』は、堀江氏が「別府市の長野市長(現職)と会った時にアイデアが生まれた」という大型音楽フェス。およそ1000トンのお湯と音楽を浴びながら、仲間たちと飲食を楽しむことができ、「準備期間2ヶ月だった」という昨年、初開催にもかかわらず1日約4000人を動員。今年も8月31日、9月1日の2日間にわたって、大分・別府スパビーチで開催が決定した。

 実行委員長を務める堀江氏は、「別府は世界一の“入れる”温泉湧出量。24時間湧き続けるので、通常使いきれていない温泉がございます。通常は、そのまま海に放出するわけにいかないので、温度を下げて行政が処理にまぁまぁなお金をかけて、海洋放出しているのですが、その温泉水を活用してこのフェスは開催されます。なので非常にサステナブルなイベントとなっています。本イベントを通じて日本が誇る温泉地・別府の振興に貢献していこうということでございます」と意義を話した。

 また、チケットがふるさと納税の返礼品にもなっているといい、昨年は別府市に約600万円が寄せられた。堀江氏は「今年も1000万円を超える額を寄付できるように頑張りたい」と意気込んだ。

 出演アーティストは先月末に、第1弾アーティストとしてMINMI、マーク・パンサー with パークマンサー、nobodyknows+、DJダイノジ、西野亮廣、ケンチンミン、THE BONNERS produced by FISHBOY、ずま(虹色侍)、ペルピンズ、リアルピース、財部亮治、BURLESQUE TOKYO DANCERS、TEASOBI、澤田拓郎(MCハイラム)を発表。これ以外にも「現在発表しているアーティストの倍以上の方々と最終調整をしています。今後、第2弾、第3弾を発表予定です」とさらなるアーティストの参加も示唆。「ただただ聞くだけで、ぶっかけられるだけではない体験型、参加型の取り組みもたくさん用意しようと思っています」とも明かした。

 会見終盤にはYouTubeで会見を見ていた視聴者から「昨年の『BEPPU ONSEN SHOWER FES. 2023』から名称を変更したのはなぜですか?」と名称変更の理由を問われると「『BEPPU ONSEN SHOWER FES』は略すと『BOSF』ですごくいいにくい。『BOBフェス』の方が言いやすいなと。ずっと続くと定着しちゃうので、今年のうちに変えちゃおうと。単純にわかりやすさ、呼びやすさですね」と説明した。

#FISHBOY#ダイノジ#マーク#SHOW#ピース

関連リンク

【予告動画】堀江貴文、CROSS FMで24時間生ラジオ挑戦「電波をつかった、大実験」
【写真】小倉城をバックに…記者からの取材に応じる堀江貴文氏
【写真】R-1にも出場した芸人ホリエモン
【写真】過去に熱愛報道…2011年ミスキャングランプリ 廣井ゆう
【写真】井上由美子氏と並んでツーショットの堀江貴文

カテゴリ

エンタメ総合

記事URL

https://www.oricon.co.jp/news/2327350/full/?anc=304

< >

Page Top