大泉洋主演作、追加キャスト発表

エンタメNEWS2020年1月15日7:00 AM

映画『騙し絵の牙』の追加キャストが発表された (C)2020「騙し絵の牙」製作委員会

 俳優・大泉洋が主演、松岡茉優と佐藤浩市が共演する映画『騙し絵の牙』(6月19日公開)の追加キャスト12人が15日、発表された。宮沢氷魚、池田エライザ、斎藤工、中村倫也ら豪華俳優陣が名を連ねている。

【画像】大泉洋が表紙モデルの小説『騙し絵の牙』書影

 塩田氏は累計発行部数50万部を突破し、小栗旬と星野源が初共演する映画『罪の声』(20年公開予定)の原作小説など話題作を執筆。大泉が表紙モデルに起用されている本作は、17年に初版発行されると、18年には本屋大賞にもランクインするなど世間の注目を浴びた作品。メガホンをとるのは、『桐島、部活やめるってよ』(12年)で日本アカデミー賞最優秀作品賞と最優秀監督賞を受賞した吉田大八監督。

 物語の舞台は大手出版社の「薫風社」。出版不況のなか創業一族の社長が急逝すると、次期社長の座を巡って権力争いが起こる。専務・東松(佐藤)の大改革で、雑誌は次々と廃刊の危機に陥り、会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる。しかし、頼りなく見える速水は裏に“牙”を秘める男で、嘘や裏切り告発なども行われる中、新人編集者でヒロイン・高野(松岡)を巻き込みながら、生き残りをかけた奇策をかけていく。

 今回発表された追加キャストとして、ミステリアスでカリスマ性のある新人デビュー作家・矢代聖を宮沢、そして矢代とともに速水率いる「トリニティ」を盛り上げる超人気ファッションモデル・城島咲を池田、亡くなった「薫風社」社長の息子・伊庭惟高を中村が演じる。

 そのほか、惟高の後見人で保守派の常務・宮藤和生に佐野史郎。伝統ある薫風社の文芸誌「小説薫風」編集長であり、速水と敵対する江波百合子に木村佳乃。江波の忠実な部下である編集者・三村洋一に和田聰宏。編集長の速水を疎ましく思う「トリニティ」副編集長・柴崎真一に坪倉由幸。改革派の専務・東松と手を取る大手外資ファンド代表の郡司一に斎藤工。

 ヒロイン・高野の父で、小さな書店の店主・高野民に塚本晋也。そして高野が接触する謎の男にリリー・フランキー。速水のよき相談相手であり、人気の文芸評論家・久谷ありさに小林聡美。そして、速水の前に立ちふさがる文学界の大御所作家・二階堂大作に國村隼が起用された。

関連リンク

【写真】胸キュン!神木隆之介が中村倫也を“顎クイ”ショット
【写真】戸田恵梨香と中村倫也の絡むシーンも
【写真】胸元あらわ…真っ赤なタンクトップ姿の池田エライザ
【動画】宮沢氷魚、スーツ姿で東京湾泳ぐWEB動画
【全身ショット】オールホワイトの清楚なドレスで登場した松岡茉優

カテゴリ

映画

記事URL

http://www.oricon.co.jp/news/2153125/full/?anc=013

< >

Page Top